【種目編】ラクロスとはどんなスポーツか?〜新たな発見があるかも!?〜

ラクロスは面白いもので、意外と自分がやっているラクロスの種目以外の他のラクロス種目についてはよく知らない人が多いとおもいます。
また、ラクロスは名前は聞いたことがあってもよく知らない、なんて方がたくさんいらっしゃると思うので、まずはざっくりと種目についてを最初にご紹介したいと思います。

続いてラクロスの歴史、ラクロスのルール、ラクロス用具について、なんかも追って別の記事でご紹介していきたいとおもいます!

ラクロスってどんな競技?

ラクロスは様々種目はあります。代表的なものとしては、クロスと呼ばれる網のあるスティックを使って、2つのチームが、屋外のサッカーコートくらいの大きさのフィールドで、直径6cm・重さ150gの硬質ゴム製のボールをクロスを使って相手陣のゴールを決め、取った得点数で競う、コンタクトスポーツです。

オリンピックスポーツではないのですが、2024年のオリンピックに競技追加されるよう活動中です。このような記事も展開されています。
なぜラクロスが2024年のオリンピック競技になるべきか


【スポンサードリンク】

ラクロスにはどんな種目がある?

男子ラクロス

男子ラクロスの試合は1チーム10人で戦います。競技フィールドは約100m×55mとサッカーコートとほぼ同じ広さです。ゴールは183cm四方の正方形で、アイスホッケーなどと同様にゴールの裏もフィールドとして使うことができます。
男子ラクロスは大人だけではなく、海外では大人と同じ道具を使って小学生くらいの子供も試合をしています。

男子ラクロスはアメリカやカナダやオーストラリアにて盛んに行われており、W杯も4年に一度行われています。次回は2018年イギリスのマンチェスターで行われる予定です。

男子ラクロスのルールはこちらをチェックしてください!

女子ラクロス

女子ラクロスの試合では1チーム女子12人で戦います。競技フィールドは約100m×55mとサッカーコートとほぼ同じ広さです。ゴールは183cm四方の正方形で、アイスホッケーなどと同様にゴールの裏もフィールドとして使うことができます。
女子ラクロスは大人だけではなく、海外では大人と同じ道具を使って小学生くらいの子供も試合をしています。

女子ラクロスはアメリカやカナダやオーストラリアにて盛んに行われており、W杯も4年に一度行われています。
次回は2017年イギリスのギルフィードで行われる予定です。
2017年女子W杯のウェブサイトはこちらから

女子ラクロスのルールはこちらをチェックしてください!



【スポンサードリンク】

ボックスラクロス(インドアラクロス) ーBox Lacrosseー

カナダ発祥の競技。1チームゴーリー含めた6人で戦います。競技時間は20分ハーフです。競技フィールドはアイスホッケーのリンクで、氷がない状態で行われます。
ルール説明はこちらのビデオにてチェックしてみてください!

ー次ページー

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

1

2 3

関連記事

  1. 新ラクロッサーへメッセージ | Hayato Muramatsu

  2. 【男子ラクロス日本代表】代表選出選手の属性まとめ|どんな人が日本代表選手なの?

  3. 今年卒業の大学4年生ラクロッサーが思うラクロスの面白さ

  4. 【他大から学ぼう】立教大学・女子ラクロス|サブリーグ運営

  5. ラクロス女子W杯が日本で開催!?!?

  6. 【2017年振り返り】最も読まれたStaff Spotlightは?Best 5を発表!

  7. 【ラクロスが熱い!】ラクロスをやっていた芸能人まとめ

  8. 【ラクロッサー川柳】2017年川柳No.1〜10までをまとめてご紹介

  9. 新ラクロッサーへメッセージ | Yoshie Nagaoka

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー