【動画】今からやりたいことを探すには?

「やりたいこと」って一体なんだろう。

自分の進路を決める時に都度都度考えるテーマなのではないかな。
大学を決める時、ゼミを決める時、就職活動するとき、
転職するとき、結婚を意識するとき、育休を取るとき、復職するとき、などなど

その都度沢山の情報にもまれながら、自分のやりたいことを明確にしていく。

焦り、悩み、苦しいものでもあるが、見つかったとき、決まったときの安堵感やワクワク感を経験した人も多いのではないかな。

この「やりたいこと」って節目ごとに考えるのもいいけど、実は常に考えるものなのではないでしょうか。

部活に入っても「自分のやりたいことは何なんだろう?」と問う。

それはチーム内の役割という意味でもそうだし、フィールド上でのプレイという意味でもそう。

自分がこのチームで貢献したいことは何なんだろう。もっとこういう組織になればいいのに・・・そのために出来ることは何だろう。
こういうプレイをもっと取り入れたい、出来るようになりたい、など。

就職してもそこで「自分のやりたいことは何だろう?」と問う。

会社に入る、部活に入るというステータスに満足するのではなく、そこでやりたいことは何なのかを問いつづける。

そして、時にはそこからも一歩引いた大きな枠で自分のやりたいことは何なのかを問う。

問い続けることで意志が生まれる。

そうすることでより自分の人生に生きがいと味わいを感じて生きられるのではないでしょうか。

でも果たしてその「やりたいこと」どうやってみつければいいの?

そんな人にこんなのどうでしょう?という3ステップをBloom Life TVで紹介しています。

私自身今やっている「ライフコーチ」という仕事は「ラクロス」から始まっています。
それについても触れているので是非ご覧ください。

関連記事

  1. 【インタビュー】1990年代のラクロス③:忽滑谷由美子さん(聖心女子大学)

  2. 大学時代、部活で濃く過ごしたあなたへ

  3. 日本のラクロスコーチの現状|アンケートから見えたコト④

  4. ラクロス部的アメリカのチームのようなかっこいい集合写真の撮り方のススメ

  5. 【動画】誰にでも存在するもう1人の自分

  6. 【こぶ平コラム】女子ラクロスのルール変化がもたらすU-19世界選手権への影響

  7. 今年卒業の大学4年生ラクロッサーが社会人でラクロスを続け「ない」理由

  8. 今年卒業の大学4年生ラクロッサーが思うラクロスの面白さ

  9. ラクプラおすすめ!ラクロス情報が欲しい時にフォローしたいアプリ5選

  10. ラクロッサーと付き合うべき10の理由

  11. オーストラリア代表選手にみる女性ラクロッサーのキャリアモデル

  12. ラクロス女子W杯が日本で開催!?!?

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー