【インタビュー#1】日本初のインドアラクロスクラブ!Tokyo Indoor Lacrosseさんにインタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆様 『インドアラクロス』 というラクロスの競技をご存知でしょうか。
日本では屋外で行うフィールドラクロスが一般的ですが、インドララクロスはその名の通り屋内(インドア)でラクロスをやります。
実は今回、日本初で唯一のインドアラクロスのクラブ Tokyo Indoor Lacrosseさん にインタビューをしてきました。
13645335_1298058680215201_3284362615962081264_n
インドアラクロスってどんなスポーツなの? 誰がやっているの? どうやって始めたらいいの? などいろいろお話をきいてきましたので、是非ご覧ください!

Tokyo Indoor Lacrosseさんの代表者の方の自己紹介をお願いします!

初めまして!
Tokyo Indoor Lacrosseの代表させて頂いている横尾英典と申します。
北海道出身の41歳です。
宜しくお願いいたします!

ラクロス歴

1995-1998 日本体育大学ラクロス部
1998 日本代表としてアメリカ世界大会出場(ポジションはMD)
1998-2001 VALENTIA(1999-2001全日本選手権優勝)
2000-2001 日体大ラクロス部ヘッドコーチ(2001年全日本選手権初出場)
2000-2001 日体大ラクロス部ヘッドコーチ(2001年全日本選手権初出場)

Tokyo Indoor Lacrosseさんの創設のきっかけを教えてください!

率直に言いますと、恥ずかしながら「フットサル」への嫉妬です(笑)
以前、フットサル場やスポーツスクールを運営する会社で働いていたことがありまして、
そこで多くのサッカー経験者や子供達がフットサルを熱くプレーしている姿を目の当たりにし、羨ましい環境だなぁと。

それで、ラクロスもこういった子供からブランクのある方まで長く(且つ競技性を失わずに)楽しんで頂ける「サッカーにおけるフットサル」のような領域・環境を作りたいと思ったのがきっかけです。
2013年6月に活動開始し、多くの参加者・保護者の方々のご支援とTILコーチスタッフの協力の支えによって活動させて頂いております。

私自身がお世話になってきたフィールドラクロスの発展は勿論のこと、最近はキッズのクラブも増えてきましたし、BOXラクロスの団体ができたり、開塾といった意義ある活動があったりと、TILに限らず幅広い年齢層のラクロッサーやビギナーの方が楽しめる選択肢が増え、ラクロス界全体が盛り上がっていけばと思っています。
IMG_1103-2

写真はTokyo Indoor lacrosseのコーチ陣

Tokyo Indoor Lacrosseさんの活動内容を教えてください

現在は主に2つありまして、1つは子供から大人まで男女問わず(キッズは小学校1〜4年生、30〜40代の選手が中心)、インドアラクロスの練習や試合を楽しむフィールドとして月1回程度、どなたでもご参加いただける「INDOOR LACROSSE FIELD」。

14021671_1331099090244493_106494471918868599_n
もう1つは、大人経験者向け(現状、20代〜40代の男性メイン)の競技性の高い年間リーグとして「INDOOR LACROSSE LEAGUE(ILL)」です。

13614917_1295867590434310_1746935549423448460_n

そして今年10月からはジュニア向けのレギュラースクール「LACROSSE ACADEMY JAPAN」がスタートします。

14203312_1334863249868077_8743651072681631648_n

▶︎クラブ関連のウェブサイトはこちらよりご覧ください。
* INDOOR LACROSSE FIELD:TIL (ILL,INDOOR LACROSSE FIELD)
* ジュニア向けのレギュラースクール:LACROSSE ACADEMY JAPAN
* LAX FIT:インドアラクロスボール LAX FITオンラインショップ(LAX KONG)

インドアラクロスとはどのような競技なでしょうか?

男性も女性もゴーリー含めて、ノーギアスタイルで手加減せずに(競技性を失わず)楽しめるラクロスです。
コンパクトなスペースでG除いて4対4なので、ボールタッチ回数が多いのも特徴です。
このスタイルを実現する為に、安全性と競技性を両立させたボール”LAX FIT”を独自で作らせて頂き、現在渋谷のLAX KONGさんの渋谷店とオンラインショップでもご購入いただけます。
※詳細はHPをご覧ください。

実際にどのような方が参加されているのでしょうか?

INDOOR LACROSSE FIELDに関して

▶︎大人の方
大人男性:大人女性=2:1 程度ですが、最近女性が増えてきております!
▶︎キッズの方
男女比率は半々くらいです。

ILLに関して

現状は男性メインですが、いずれは女性も開催したいと思っております

また参加者の方々からは、下記のような様々な有難い感想を頂いております。本当に嬉しい限りです。
「ラクロスと再会できる場を作って頂き本当に有難うございます!」(女子ラクロス経験者の方)
「ラクロスは子供のコーディネーション向上に役立つスポーツなのでともて良い」(カナダ出身のお父さん)
「お陰で人生楽しいっす」(ILL参戦の方)
など

キッズ向けのラクロス教室 LACROSSE ACADEMY JAPANはじめるきっかけはなんだったのでしょうか?

スタートは今年10月からとなります。以前より構想はあったのですが、ようやく条件が整いましてスタートさせて頂くことになりました。ラクロスは純粋に楽しいとともに、多様な運動要素を含む球技チームスポーツということで、ジュニア世代の心技体の成長にとって非常に優れた教材であると考えています。

キッズラクロススクールではどのようなことをされるのでしょうか?

「創造性」「チャレンジ精神」「チームで連携する力」の育成を大きなテーマとしています。
その為に大前提として、その子供にとっての最適な練習メニューや目標設定に注力していきます。

例えば、これまでINDOOR LACROSSE FIELDで行ってきたPort LAXというオリジナルメニューがあるのですが、キッズの年齢層が低めということもあり、通常のゴールは使わずポートボールのようにゴールマンに(DFにパスカットされないように)パス(シュート)が通ると1点、ハーフラインより後ろからロングパスが決まると2得点といったような試合のルール設定にしています。それによって、走るスピードなどの体力差だけでなく、コントロール勝負の比重も増える為、全員に活躍のチャンスが生まれやすいといったメリットがあります。現在では、子供達にも人気の定番メニューとなっています。

こういったレベルに合わせたメニューやハードル設定によって、楽しみながら技術向上のモチベーションに繋がるようにしていきます。今回スタートするアカデミーは小学校高学年対象ですので、競技スポーツとして、少しレベルを上げて個性や持ち味を大事にしながらも、まずは個人の基礎技術をしっかりマスターできるようにしていきます。1年後にはチームとして呼吸合わせ、思いのままにパスが繋げられるようにし、その過程の中で上記の3つの力の向上に貢献していきたいと考えています。

Tokyo Indoor Lacrosse Clubさんにてラクロスをやってみたい場合、どのように始めたらいいのでしょうか?

facebookページやメールでお問合せ頂ければ、ご要望に応じてご案内させて頂きますのでお気軽にお問合せください。
またINDOOR LACROSSE FIELDの方は全てレンタル可能ですので、手ぶらでご参加いただけます。

Tokyo Indoor Lacrosse Clubさんの今後の活動内容を教えてください

直近ですと9/10(土)18時〜世田谷YASU FUTSAL STADIMにてINDOOR LACROSSE LEAGUEの最終節があります。

また、9/29(木)16時45分〜東雲RAMOS FIELD INDOOR FUTSALにてLACROSSE ACADEMY JAPAN(小学4〜6年生対象)の無料体験会がありますので、ご興味ありましたらお気軽にお問合せください。

最後にラクロッサーにメッセージをお願いします

ぜひインドアラクロスの楽しさを体験して頂きたいと思っています。
一緒に楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Lacrosse Plusーラクロスプラスー

Lacrosse PlusーラクロスプラスーLACROSSE PLUS管理者

投稿者プロフィール

LACROSSE PLUSでは 現役ラクロッサーやラクロスOBOG、ラクロスサポーターへ『日本や海外におけるラクロスの情報』や『ラクロッサーにとって便利で有益な知識や情報』をお届けします!

We are LACROSSE PLUS, a Japanese lacrosse information website. For any other information about Japanese Lacrosse, please don't hesitate to contact us.

LACROSSE PLUS運営:FUSION AGENT

この著者の最新の記事

関連記事

オススメ記事

  1. 以前このTeam Hub(チームハブ)をご紹介してから数多くの問い合わせ&ダウンロードがあるそうで、…
  2. こんにちは。ラクロスプラスです! 今までラクロスプラスで学生の編集長&レポーターを募集をしてお…

カテゴリー

Follow us on twitter

人気の記事

ページ上部へ戻る