Team USA Fall Classicのプレビュー – 2017女子ラクロスワールドカップの前哨戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回女子ワールドカップトップ4(アメリカ、カナダ、オーストラリア、イングランド)によるインターナショナルマッチ”Team USA Fall Classic”のプレビューが記事になっているので紹介します。インターナショナルマッチを多く行うことはラクロス関係者以外の注目を集める取り組みの一つとして各国協会が意識しているところです。今回のような大々的なイベントとして開催されるのは初めてとのこと。

オーストラリア代表メンバーとして元日本代表の山田幸代選手が参加しており、Lax Sports Network(*1)で放映しています。

(*1)Lax Sports Networkは2016年1月から開始したメディアネットワークサービス。「ラクロスで起きているすべてのことを発信する」サービス。ラクロスプレーヤーのインタビューやストーリー紹介、試合ハイライトの提供、試合ハイライトでのより突っ込んだ解説等、「ラクロスで何が起きているのか」を詳しく色をつけて視聴者に提供する。購読費用は月間7.99米ドル。

スケジュール等

Fall Classic Preview: Focus Now Leads to Success Later

下記記事は私なりの意訳ですので、詳細に関しては原文をご覧ください。

Fall Classicのプレビュー – 今にフォーカスし未来の成功へと導く

「結果ではなく過程にフォーカスする。チーム自身のことを学び、どのように成功に導くのかを学ぶ。」それがアメリカ代表と2016NCAAチャンピオンのNorth Carolinaのコーチの格言である。2017ワールドカップが迫ってきている中、各チームは金メダルを取るためにベストな選手の組み合わせを決めているところだ。North Carolinaも3度目のNCAA優勝に向けて同様の状況だ。

「1番をとるためには、1番のチームと戦うことである。2017ワールドカップに向けて準備するために、今回のゲームはプレーヤーの評価、戦略のテストに良い機会だ。」オーストラリアに連勝してFall Classicに臨むイングランドコーチのPhil Collierは言った。

アメリカ

アメリカ代表はワールドカップ二大会連続優勝している。2009年はオーストラリアを倒し、2013年はカナダを倒した。この夏にアメリカは海外ツアーを行い、手応えを感じている。イングランド、ドイツ、スコットランド、ウェールズに対して勝利を収め、総スコアは100-11であった。

アメリカ代表コーチのRicky FriedにとってFall ClassicはUS Lacrosse Grand Openingに続いて、36人のプレーヤーを査定し、チームとして戦う機会となる。「ベストなチームとなる18人を選ぶ。今回のような異なるフォーマットの大会は、誰が順応することができるのか、短い期間の複数の試合を肉体的精神的に戦うことができるのかを観察する機会になる。ワールドカップで対峙する本物の相手チームと、ワールドカップのようなスケジュールで戦うことができる。シミュレーションするのにこれ以上良い大会はない。」Friedは言った。

各チームはそれぞれ自チームにフォーカスするが、アメリカチームに注目が集まるのは間違いない。アメリカは9回のワールドカップのうち7回に優勝し、2回が準優勝だ(その際はオーストラリアが優勝)。イングランドは決勝戦に2回、カナダは1回進んでいる。アメリカが優勝しているときは、決勝戦では平均9点相手チームを上回って勝利を収めている。

「前回優勝のアメリカとの試合が重要だ。各チームは他チームがアメリカを倒すまで自チームとアメリカにフォーカスするだろう。」カナダのコーチScott Teeterはコメントした。

カナダ・イングランド・オーストラリア

女子U19カナダ代表を2015年に金メダルに導いたTeeterは、その流れを継続するために意気込んでいる。

「カナダは最近の男子、女子、シニア、U19の全てのクラスにわたる成功を背景に、2017女子ワールドカップでも勝利を見据えている。カナダは多くのボックスラクロスプレーヤーを擁し、素晴らしいスティックワーク、トリック、スマートなゲームマネジメントをしてくるだろう。」イングランド代表コーチのCollierは言った。

イングランドも成長著しい。U19女子代表は2015年に、史上初めてオーストラリアを倒し銅メダルを獲得した。その敗戦はオーストラリアに火をつけている。

「今回のFall Classic以上にワールドカップへの準備に向けた良い機会はない。私たちはここに1週間滞在できる機会に感謝している。オーストラリアの観点からは、色々な大学のラクロスに対するプロフェッショナルな姿勢や優秀な施設は、非常に驚かされ刺激になる。」2015U19ヘッドコーチを務めたオーストラリアコーチのTrish Adamsは言った。

このような女子ラクロスの最高峰の選手が集まる大会よりも素晴らしいものがあるだろうか。結果に関わらずこの週末は素晴らしいものになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Hayato Muramatsu

Hayato Muramatsu

投稿者プロフィール

①名前:村松 隼人
②職業:スポーツテックベンチャー
③出身:慶應義塾大学
④ラクロス歴:15年
⑤ラクロスで得たもの:アスリート思考

この著者の最新の記事

関連記事

オススメ記事

  1. 以前このTeam Hub(チームハブ)をご紹介してから数多くの問い合わせ&ダウンロードがあるそうで、…
  2. こんにちは。ラクロスプラスです! 今までラクロスプラスで学生の編集長&レポーターを募集をしてお…

カテゴリー

Follow us on twitter

人気の記事

ページ上部へ戻る