ラクロス女子W杯が日本で開催!?!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1997年日本で女子W杯が開催

皆さんご存知でしたか?!
『ラクロス女子W杯』がココ日本で開催されていたことを!
3835
※写真はラクロス協会より引用。

運良く・・!

高校2年生だった私はもちろん!生観戦しに行きました!

って行くまでは「W杯って?」状態で・・w

世界でどこが強いとか。
日本が世界でどのくらいの位置だとか。
この時は知る由もなく、、部活の一環で見に行きました。
3839
※写真はラクロス協会より引用。

AUS vs JPN

これが私が初めて見た『世界のラクロス

ユニホームも衝撃的でしたが・・
とにかく試合内容も衝撃!!!!!
こんなにも差があるものなのか?!と痛感した試合で
日本が1点取った後の”ウエーブ”は今でも忘れません!!
この大会の決勝戦は『USA vs AUS』
確か、、サドンビクトリーで”USA”が優勝

v_usa5
※写真はラクロス協会より引用。

ゾーンDFを高校界で初導入

この試合のビデオを入手した顧問の先生は
この試合を何百回。何千回と見てPLAYの研究をして
当時の高校生チームでは初めて(大学生より上のレベルは分かりませんが・・)
”ゾーンDF”を取り入れることになりました!!
ちなみに当時のルールは”オフサイドルール”などはまだなく。。
12人でゴール前を守り
12人でゴールを攻めます。
だから”ゾーンDF”だと・・当たり前ですが・・
ゴール前に『12人』が立ち塞がります(笑)
え〜と単純にゴール前に”23人”いますねw

今、考えると・・凄いですよね。。(現在はGK入れて8名だから15名ですね。)

練習のための練習はやめるべし

ちなみに、当時はフリスペや3秒。デンジャラス系のファールがゴール前で起きた時
現在と同様にフリーシュートになりますが・・
現在みたく完全にフリーな状態のフリーシュートではなく

↓の黄色ライン上に人が一杯いる状態からフリーシュートが始まります!!!

(全然、”フリー”ではありませんねw)

img_3380

当然ながら・・・
フリーシュー → DF飛び出す → フリスペ → フリーシューを繰り返し
ゴール前にいるDFを減らして行く作戦なんかも存在したのは言うまでもなく・・。
またこの当時はサイドライン上に出たボールも
いわゆるゴール裏のチェイスと同様
ボールがラインアウトする際に近かった人のボールとなっていたため
そもそもクリアーやサイドへのボールは
ラインアウト前提で投げるのが作戦の1つでした(笑)
現在でもクリアーはサイドへ!と教えられているチームは
当時の名残だと思います。。
ルールは変わってるのに・・断片的に引き継がれてしまっている状況。
改めて

自分たちがやっている練習って意味あるのか?

練習の目的などを見直してみると良いかもしれませんね。

なんで?ラインドリルやるんだ?
なんで?スクエアやるんだ?
なんで?グラボーは走り抜けるんだ?
なんで?クレードルはするんだ?
なんで?この練習するんだ?  などなど。。
「練習のための練習」ではなく
『試合で勝つための練習』をして欲しいなと。
自分の心地よいPlayばかりを練習してる人も
”練習のための練習”をしている人。
『出来ないこと』を『出来るまでやる』ことが練習だと思うので
無駄にせずに練習して欲しいと思います!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
長岡良江

長岡良江OL 時々 ラクロスコーチ

投稿者プロフィール

①名前:長岡良江
②職業:Web広告の制作会社で働くOL
③出身:私立東京成徳大学高校
④ラクロス歴:20年
⑤ラクロスで得たもの:創造力とそれを実行する勇気。そして最高の仲間。

この著者の最新の記事

関連記事

オススメ記事

  1. 以前このTeam Hub(チームハブ)をご紹介してから数多くの問い合わせ&ダウンロードがあるそうで、…
  2. こんにちは。ラクロスプラスです! 今までラクロスプラスで学生の編集長&レポーターを募集をしてお…

カテゴリー

Follow us on twitter

人気の記事

ページ上部へ戻る