【慶應義塾大学】DAY9 vs Sacred Heart

こんにちは!
慶應義塾大学男子ラクロス部です。

9日目はSacredHeartとの試合でした。

s_5053399614865

《試合結果》
1Q 4-2
2Q 4-0
3Q 6-0
4Q 3-1
Total 17-3

《慶應スコア者》
AT#51 仁熊健太 2得点
AT#3 井上裕太

《試合概要》
遠征最終試合ということやSacred Heartとは2年前の遠征の際も試合をさせていただいたことから、リベンジを果たそうという気持ちや、絶対勝とうという声が方々から上がる中臨んだSacred Heart戦。
アップからとても良い雰囲気で進み、グランドインメニュー中も普段より声が出ていたように感じます。

こうして始まった第1Qは序盤こそ相手に2点先制されるも、4年AT#51 仁熊健太が得意のまくりシュートで得点を返します。続けざまにまたも4年AT#51 仁熊健太がクリース前でのショットを決め切り、第1Qを2-4で終えます。

この点差を縮めたい第2Qでしたが、度重なる慶應側のファールにより思うようなプレーが出来ません。2年G#2 杉本健のナイスセーブが光るも、この間相手に4点を決められます。

第3Qは攻守ともに慶應のペースに持ち込むことができず、この試合で最多の6失点を喫します。

第4Q序盤に3年AT#3 井上裕太が右下からのまくりシュートを決め、1点を返します。途中相手のファールにより、エキストラマンオフェンスの状態が発生するも得点に結び付きません。

s_5053402560565

終始相手のパス精度の高さに苦しめられ、初勝利を収めることは叶いませんでした。
日本では簡単にボールダウンを誘えるプレーでもアメリカの選手のキープ力は凄まじく、相手の体格を生かした力強いシュートをなかなか攻略することが出来ませんでした。

The following two tabs change content below.
Keio University Mens Lacrosse Club

Keio University Mens Lacrosse Club

関連記事

  1. 【こぶ平コラム】“ラクロスを楽しむ”シリーズ①

  2. 【こぶ平レポート】第3弾!Teen’sラクロス|Autumn Cup

  3. 【ラクロッサー必見】スパイクの選び方と手入れ方法

  4. 【日本ラクロス協会主催大会】 全国クラブリーグ『開幕戦』日程一覧

  5. 【慶應義塾大学 女子】DAY 6 Daily Blog

  6. 2017年ラクロス3大大会観戦ガイド|全日本ラクロスクラブ選手権

  7. 全日本クラブ選手権大会 決勝|12月3日は駒沢第2にラクロスの応援に行こう!

  8. 2017年国際親善日程一覧(日本ラクロス協会主催)

  9. 【ビギナー向け練習メニュー】練習メニュー②|男女ラク両方向け

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

Twitter でフォロー