【慶應義塾大学】DAY8 vs Drexel

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは、慶應義塾大学男子ラクロス部です。

8日目はDrexelとの試合でした。

《ゲームハイライト》
慶應義塾大学 vs Drexel

《試合結果》
1Q 2-3
2Q 2-4
3Q 3-3
4Q 4-5
Total 11-15

《慶應スコア者》
AT#51仁熊 健太 2得点
AT#9野上 力 3得点
AT#3井上 裕太 3得点
MD#27川上 拓純
MD#11丸山翔平
MD#15杉山達也

《試合概要》
審判が来ることができず、急遽相手校のコーチが審判をやるというハプニングもありましたが、無事に試合はスタートしました。

1Qから慶應が2点決めるなど、入りの良い試合となりましたが、終始慶應がDrexelを追いかける形の試合となりました。

2Qでは2年生のMD#27 川上拓純が今遠征初となるショットを決め、ここから慶應がヒートアップします。
またディフェンスではダブルで相手のボールを落としにいき、ルーズボールを狙ってグラボしにいく場面も見られ、慶應が積極的に攻めていました。

img_4425

4Qでは4年MD#11 丸山翔平が右上からの華麗なランシューを決め、チームに更に熱が入りました。
相手校の力強いショットも2年G#2 杉本健がセーブし、ボールが慶應のポゼッションになる場面も多く見られました。
今日はオフェンス、ディフェンス共に慶應らしいプレーをすることができましたが、あと一歩で勝てそうな試合だったので負けてしまい非常に悔しい試合となりました。

今日学んだことを次の試合に生かして、 明日の最終試合(vs Sacred Heart)は絶対に勝利を勝ち取ります。

《インタビュー内容》
AT#22 Robert Fraze

Q.シュート練はどのようなことをしているの?
A.時間がある時にボールを100球出して打っているよ。特にウィングのところがエキマンでのポジションなので、そこを練習します。
ランシューはゴールから離れないように意識。アンダーも練習しているよ。

Q.1on1の練習で意識していることは?
A.1on1では、手の持ち替えと最初の一歩を意識しています。もちろん、両手を練習しているよ。

Q.ウェイトはどのようなメニューをしている?
A.ウェイトはベーシックなメニューをやっているよ。クリーン、スクワット、ベンチや、ショルダープレス、デッドリフトなど。
重要な項目としては、体幹を固めることを意識しています。

Q.慶應と戦った率直な感想を教えて下さい。
A.速くて、ボールを外で回すのが上手で、ミスが少なかったよ。チェックも正確でポークが一つ入ったのはよかった。
アタックは特に#0が良かったね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Keio University Mens Lacrosse Club

Keio University Mens Lacrosse Club

投稿者プロフィール

選手141人/スタッフ20人

〈戦歴〉
2010年 第23回関東学生リーグ戦1部Bブロック3位
2011年 第24回関東学生リーグ戦ベスト4
2012年 第25回関東学生リーグ戦優勝
     第4回全日本大学選手権優勝
     第23回全日本選手権準優勝
2013年 第26回関東学生リーグ戦1部Aブロック3位

2014年  第27回関東学生リーグ戦優勝
     第6回全日本大学選手権優勝
     第25回全日本選手権準優勝

2015年  第28回関東学生リーグ戦準優勝

この著者の最新の記事

関連記事

オススメ記事

  1. 以前このTeam Hub(チームハブ)をご紹介してから数多くの問い合わせ&ダウンロードがあるそうで、…
  2. こんにちは。ラクロスプラスです! 今までラクロスプラスで学生の編集長&レポーターを募集をしてお…

カテゴリー

Follow us on twitter

人気の記事

ページ上部へ戻る