【こぶ平レポート】関東女子ラクロス・Vリーグ

関東の女子のラクロス部は準加盟校を含めると60校近く存在します。その中で80名を超える部員のいる大学は10校近くになります。
そのような状況下でAチーム以外のチームの試合確保、又下位リーグのチームの試合確保、準加盟校の試合確保を目的にした下部リーグが関東には2つ存在します。

一つは準リーグ(25チーム)。もう一つはVリーグ(16チーム)です。
Vリーグも決勝トーナメントが進みファイナル4の段階に来ています。二つのリーグの違いについては別途お伝えするとして、今回は11月6日(日)に行われたVリーグ準決勝の1、学習院vs横浜国立の結果をリポートします。

11月6日 曇り空の朝7時35分

v_league_ynu16
学習院大学(目白)北グラウンドでドローが上がった。
学習院vs横浜国立 前半10分までは学習院が積極的な攻撃から先制を含め5本のショットを放つも横浜国立ゴーリー#19の好セーブが光り何とか1対0学習院リードで進んで行った。
今にして思えば、これがこの試合の象徴でした。
以降学習院のショットをセーブする#19ゴーリー。そこからのターンオーバーをRideをしのいで繋ぐ横浜国立の展開が最後まで続く。
横浜国立の攻めは、G前でDFの圧力に耐えながらの粘りの攻撃。前半は2点を返し、2対1横浜国立がリードして終えた。
後半、もドローは学習院が取るも横浜国立#19ゴーリーの好セーブが続き、学習院に点を許さず少ないチャンスを確実にものにした横浜国立が4対1で学習院を破る事になった。

殊勲の横浜国立大学ゴーリー#19番 あなサン 今後が楽しみですね。

という訳で、参加二年目の横浜国立大学さんがVリーグ決勝へコマを進め、次週準決勝のもう1試合 東海vs慶應義塾α の勝者と戦う事になりました。

ラクロスVリーグの今後のスケジュール

【準決勝】 11/12日(土) 慶應義塾大学α vs 東海大学 @東海大学
【決勝】 11/20(日) 横浜国立大学 vs 12日の勝者 @大宮けんぽG
バス利用の場合JR大宮駅 1.西武バス1番乗場 所沢駅東口行き・馬宮団地行き -> 「運動場前」2.二ツ宮行き -> 「終点」下車徒歩5分 3.東武東上線上福岡駅東口からもあります。

ひたむきなラクロスが魅力のVリーグも是非ご覧ください。

関連記事

  1. 【こぶ平コラム】 2017年ラクロスを振り返る①|Teen’sラクロス編

  2. 【こぶ平コラム】2017年ラクロス振り返り③|クラブラクロス男子編

  3. 【東京大学】DAY3 vs Johns Hopkins University

  4. 【こぶ平レポート】関東男子編|ウィンターステージの見どころ

  5. 【こぶ平レポート】Teen’sラクロスの未来予想図

  6. 【こぶ平レポート】全日準決勝男子@東京会場|進化はあったのか?

  7. 【女子日本代表情報】観客から見た選手紹介⑥|Young Courger編

  8. 【女子日本代表情報】柴田陽子ACへインタビュー

  9. 【こぶ平コラム】2016年Japan Lacrosse Review1

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

Twitter でフォロー