【こぶ平レポート】今週末開催|関東学生ウィンターステージ情報

ラクロス界も大詰めを迎えています。大学選手権は関東地区には衝撃?の関西学院大学の走りの止まらない、ラクロスが明治大学の3連覇を阻止しましたね。
ということで、残るは全日本クラブ選手権決勝と全日本選手権となりましたが、、、、

ラクロスは止まらない。各地の大学でウィンターと呼ばれる戦いが行われています。これを2016年度とするか2017年度のスタートとするか?

各地で新チームが組まれていることから、一部では新二年生と呼ばれる1年生の戦いウィンターステージ。ここでは、2017年度初めての試合として観て行きましょう。

既に行われた 北海道地区(オータムステージ) 男子 北海道大学 女子 北翔大学  東北地区 男子 岩手大学 女子 宮城学院女子大学 となっています。

次世代は今と様相が違うか?特に東北地区女子は福島大学さんが夏の3位から準優勝と力がついて来た様子が伺えます。

そして、関東地区。 j女子は34チーム、男子は28チームによるフルコートの戦いが繰り広げられます。1年生のフルコートの公式戦は始めてですから、学校の育成と真の実力が問われます。

ちなみに、サマーと呼ばれる夏の1年生の試合(ハーフコート)では女子は明治学院大学 男子は慶應義塾α の優勝でした。

さて、ウィンターステージ 男子は組み分けだけはわかっていますが、観たのも少ないので女子中心に紹介をします。

女子はA~K組に分かれて各組の1位(K組のみ2位まで)が決勝リーグに進出し、今年は4組に分かれて決勝リーグ戦を行い、各組トップが決勝トーナメントに進出するという非常にタフなステージになります。

女子はウインターの予選会が12月4日(日)に 場所 フクダ電子スクェアで行われます。ちなみに決勝リーグは12月11日(日)の予定です。
A&B面 9時ドロー 36試合
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-0028-12-01-%e5%8d%88%e5%be%8c2-09-15
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-0028-12-01-%e5%8d%88%e5%be%8c2-09-48
当日はお天気も良さそうです。1年生がこんなに凄いプレーするんだという事を観て下さい。

因みに、昨年は東海大学、一昨年は早稲田大学が新人3冠を達成しています。
今年明治学院大学が挑戦します。しかし、強豪の早稲田大学、明治β@東京、跡見・専修&埼玉と同組です。
H組は慶應義塾大学と立教大学αが同組という優勝候補のつぶし合いに。勝つのはどちらか?白百合&東洋英和合同チームは一泡吹かせたいですね。
見所満載の1年生ゲーム ウィンターステージ 注目は U19日本代表に名を連ねた選手なのですが。どんな活躍をしてくれるでしょうね?

FORZA!

The following two tabs change content below.
こぶ平
TwitterやBlogにてラクロス情報を発信しているラクロス情報ライター&コメンテーター|【コメント】長年、ラクロスの試合を観戦しながら試合のレポートをツイートするオヤジです。10年目の今年、200試合観戦を目指して、ラクロスの応援を続けたいと願うだけの人間です。ラクロスが、オリンピックで実施され日本がメダルを取るまで、熱い応援を続けます。

関連記事

  1. 【こぶ平レポート】春のラクロス|徒然なるままに4

  2. 【受賞者一覧】第26回東海『男子ラクロス』リーグ戦 ベスト12 (1.2部)

  3. 【こぶ平コラム】今年最後のラクロスはどこでやりますか?

  4. 【What’s On LACROSSE】2017年11月〜12月日本ラクロスの試合一覧

  5. 【こぶ平レポート】関東学生ラクロス|2017年ウィンターステージ情報

  6. 【こぶ平レポート】ラクロス全日本選手権の準決勝を観に行こう|女子編

  7. 【こぶ平レポート】ラクロス日本代表と国際交流戦2018の紹介

  8. 【女子日本代表情報】観客から見た選手紹介⑥|Young Courger編

  9. 【慶應義塾大学】DAY8 vs Drexel

男子ラクロス世界大会開始カウントダウン

WORLD LACROSSE CHAMPIONSHIP2018年7月12日
あと20日です。

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー