【ビギナー向け練習メニュー】練習メニュー①|男女ラク両方向け

グラボ系ドリル【Ground Ball With a Chaser】
このドリルではプレッシャーのある中でのグラボ、素早く拾ってすぐにパスに持っていく動きを鍛えます。

【必要人数】
・4人以上

【ドリルの行い方】
1.プレイヤー①がプレイヤー②の4~5m前に立ってスタートする。
2.フィーダーはアウェーの向きにボールを転がし、プレイヤー②はプレイヤー①を追いかけ
る。
3.プレイヤー①は後ろからのチェックを避けるためにスピードを緩めないこと。拾った後すぐに振り返り、正確な早いパスを出すことを意識する。
4.プレイヤー②は後ろから突いたり下の手を持ち上げたりしてプレッシャーをかける。
5.ゲームを意識して、救った後すぐに顔にクロスを持ってきて視野をとることを意識する。
6.ある程度行ったらサイドチェンジして逆手でも行う。

【注意すべき点】
◎スクープする人
・実践を意識してスピードを緩めない。
・アウェーグラボの時どこからプレッシャーが来るかを考えどの方向に走り抜けるのかを決める。
・拾った後プレッシャーを受けたときに視野が下がりがちになる。なので必ず視野を上げて常にフィーダーの位置を確認する

◎フィーダー
・コミュニケーションをとる練習という事を意識して常に自分の位置をわかってもらえるように声を出す
・慣れてきたら相手がどの位置にいたら投げやすいのかを考えながら少し動いてもよい

◎プレッシャーをかけるひと
・まずは難易度を下げるためにかるく触る程度でもよい。
・足を動かしながらチェックを打つことは難しいしファールを取られる可能性もある。相手の下の手を突き上げることを意識する。
・相手が片手で拾うようになったりスクープ技術が上達してきたら、クロスが身体から出ているところをチェックしたり振り向いた瞬間をプッシュしたりなどを考える

【コメント】
簡単なメニューですが、アウェーグラボは一年生にとってかなり難しいです。その時に肝心なのはプレッシャーが来る前にいかに速くグラボできるかだと思うので、最初はミスをしないことよりスピードに重きを置いた方が良いと思います。今回は簡単なメニューなので次回は人数を増やしたメニューも紹介できたらなと思います!

【参考サイト】
http://www.uslacrosse.org/sites/default/files/public/documents/coaches/drills/mens/ground-ball-chaser.pdf

関連記事

  1. 【女子日本代表情報】インタビュー|権藤 眞美選手のW杯に懸ける想い

  2. 【慶應義塾大学】Day2 現地レポート-UMASS Lowell-

  3. 【Player Spotlight】春木 理沙選手|日本大学

  4. UMass Lowell MLAXのツイッターに慶應男子が!!!

  5. 【Player Spotlight】鈴木 伸吾選手|Stealers

  6. 【海外遠征】関西学院大学(男子)|DAY4

  7. ラクロスの上手さを測る指数|『ラクロスIQ』をあげる方法

  8. 🎥ラクロスプラスおすすめ1日1動画🎥女子ラクロス2017年7月分復習

  9. 【女子ラクロス】2017年NCAA Championship動画まとめ

  10. 【こぶ平レポート】大学生ラクロスレポート|北海道・東北・関東・東海地区いまの状況

  11. 【東京大学】DAY5 vs イスラエル代表

  12. 【Player Spotlight】竹村 薫選手|慶應義塾大学

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー