【ビギナー向け練習メニュー】練習メニュー③|男女ラク両方向け

グラボ&切り替えドリル【Transition Drill: 3 v 3 : shut off】
このドリルでは混戦のグラボで拾いきりキープする能力、またミスへの予測と切り替えを高めるメニューです。

【ドリルの行い方】
①2チームに分かれて三人づつ並ぶ。辺の長さは7~8mで少し狭めにとる。
②フィーダーがボールを転がして①②④⑤の四角の中で3v3のグラボを行う。
③球を拾ったチームは味方にパスしたり自分でキープし球を確保する。
④ラインアウトしたら対角にいるフィーダーがボールを出し、次は②③⑤⑥の四角の中で3v3のグラボ⇒キープを行う。
⑤30秒この繰り返し。ボールダウンをしてもボールがラインから出るまではしっかりと拾いきります。
⑥終わったらメンバーチェンジをする。


(※F:フィーダー、 赤と青のabc:それぞれ同じ色同士が味方)
【注意すべき点】
◎スクープに関して
・人数が多いので仲間内でコミュニケーションをとってグラボをする。
・拾った後相手からのプレッシャーを受けるのを防ぐために足を動かす。
◎キープに関して
・空いている人が大きな声で呼んであげる。
・次の人にパスができるように常に視野を下げない。
◎ディフェンスに関して
・ライン際にいるボールマンをしっかり外に出せるような強いプッシュをすることを意識する。
・ミスをたくさん誘発させるためディフェンス有利になるように敢えて狭いエリアで行うので積極的に複数人で落としに行っても良い。
◎切り替えに関して
・フィーダーがボールを転がす前にミスの予測をする。例えばラインアウトしそうなときは隣のエリアへ走ってボールが出されるのを待ったりすることができれば良い。

【コメント】
『ミスの予測』がこのメニューで大切なテーマです。ミスを予測し対角のフィーダーがボールを出す前に何かしらのアクションを素早く行う能力は、ミスが多く起こるミニゲームでは重要になってくると思います。しかし、他にもグラボ、キープなどさまざまな重要な要素があるので、それらの要素にも注目しながら「キープしている時にクロスが出ていてチェックが打ちやすかったよ」などの声がチーム間で出ていると良いと思います。またこのメニューは結構しんどいメニューですが逆に盛り上がって楽しいものになると思います。笑

関連記事

  1. 【男子世界大会情報】大会概要まとめ

  2. 【関東ラクロス新人戦】女子ラクロスあすなろ優勝|立教大学にインタビュー

  3. 2017年全国ラクロス・冬季新人戦『ウィンターステージ』情報

  4. 【Player Spotlight】小西那奈選手|NeO

  5. 【インタビュー #5】明治学院大学女子ラクロス部2016年度主将|鷲山なつき(ハク)さん

  6. 🎥ラクロスプラスおすすめ1日1動画🎥男子ラクロス2017年5月分復習

  7. 岩本海介選手が7月22日(日)日本人初MLL(プロラクロスリーグ)の試合に出場

  8. 【Player Spotlight】陳野 クリス選手|ADVANCE-HANGLOOSE

  9. 【女子日本代表情報】インタビュー|稗田 早織選手のW杯に懸ける想い

  10. 【ゴーリ必見】オフに出来る自主練メニュー(スキル編)

  11. 【男子ラクロス世界大会】大会レギュレーション解説〜どうやって試合は進むの?〜

  12. 【海外遠征/動画】慶應義塾大学チーム紹介 ープロフェッショナル仕事の流儀ー

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー