【NLL2017】Week4ハイライト

Week4のハイライトは今シーズンまだ勝ち星のない昨年度優勝のSaskatchewan Rushと昨年度準優勝のBuffalo Banditsが3戦目にしてようやく初勝利を挙げたことだ。

Week4ハイライト

Saskatchewan Rush 16 Rochester Knighthawks 8 (観客15,007人)

今シーズンNLL最大の15,007人の観客を前に、前年度優勝のRushが3戦目にして初勝利。Rushは試合開始3分で3点を取り流れを掴んだ。

Mark Matthews(4G, 7A) 、Ben McIntosh(3G, 3A)、Robert Church(3G, 2A)が活躍。

Buffalo Bandits 21 Vancouver Stealth 15 (観客12,903人)

今シーズン開幕2連敗に沈んでいた昨年度準優勝のBanditsは3戦目にして初勝利。
Bandittsはこれまでの2戦は1得点目までに時間がかかった。初戦のColorado Mammoth戦は2Qまで得点できず、2戦目のGeorgia Swarm戦は試合開始から連続得点を奪われ5−0のリードを許した。この試合では昨年度得点王のDhane Smithをケガで欠いてのスタートだったが、試合開始17秒でThomas Hoggarthが口火を切った。

3Qまではシーソーゲームだったが、第4QはBanditsがトランジションゲームを制した。

Calgary Roughnecks 14 Colorado Mammoth 12 (観客12,735人)

RoughnecksのDane DobbieがNLL史上25人目となるキャリア300Gを達成。両チームはWeek5もホームを入れ替えて対戦予定。

Georgia Swarm 14 New England Black Wolves 9 (観客2,386人)

Georgia Swarmは開幕から3連勝。Black Wolvesは1Qは無得点に終わるなどオフェンスに精彩を欠き、11のペナルティを犯し38分のパワープレーを許した。

Swarmでは引き続きLyle Thompson(4G, 2A)が活躍。ルーキーイヤーの昨年よりも積極性が増し、ボールを呼び込むようになった。

関連記事

  1. 【Fall Classic試合まとめ】アメリカ vs カナダ

  2. 【日本U22代表】APLU|第8回APLUアジアパシフィック選手権大会情報

  3. 【世界大会情報】2018年以降に開催されるラクロス世界大会情報

  4. 【競技人気シリーズ②】アメリカでラクロスはメジャースポーツになりうるのか?―3つの指摘

  5. MLLアナリストによるMLL Final観戦のポイント紹介

  6. English Lacrosse Associationの戦略 – 2013-2017戦略プラン

  7. 【男子ラクロス】数字で見る!世界大会の歴史

  8. Major League Lacrosse 15年間の歴史は成功したといえるのか?-飛躍への課題と解決策

  9. US Lacrosse LADM ー4歳から94歳までを巻き込むアスリートプログラムー

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

Twitter でフォロー