ラクロスギアスポーツブランドの歴史といま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ラクロスギアを扱うスポーツブランドをまとめました。ラクロスオリジンブランドのみならずNikeなどのメジャースポーツブランドも続々と参入しています。以下はラクロスギアスポーツブランドを業界参入順に一覧にしたものです。

equipment_3

トレンドとしては2005年以降に多くのスポーツブランドがラクロスギア製造に参入しています。これは2001年にMLL(プロリーグ)が開始したことと、競技人口の拡大に伴い収益機会が拡大したことと関係がありそうです。

マーケットシェア

世界のラクロスギア(スティック・グローブ・ヘルメット・その他プロテクター)マーケット規模は120百万米ドル規模(アメリカ110百万米ドル、カナダ10百万米ドル)で、マーケットシェア1位はNew Balanceグループ、2位がBauerグループ(マーケットシェア28%)、3位がSTX、4位がDEBEERとなっています。(*1)(*2)

(*1) Performance Sports Groupの2015年度財務報告書の内容から抜粋。なお、つい先日Performance Sports GroupはChapter 11(連邦倒産法第11章)を適用し再建型倒産処理の手続きに入っており、これはLax All Starsの記事にも取り上げられています。

(*2) STXの見方によるとマーケット規模は250百万米ドル程度、マーケットシェアトップはSTXとのこと。参照記事

STX

Johns Hopkins出身のRichard B.C. Tuckerが1970年に創業し、世界で初めてプラスチック製のヘッドを製造したのがSTXです(米国特許US3507495)。それまでのラクロススティックは手工芸で製造される木製でしたが、そこに文字通り革命を起こしました。これにより製造コストが低減し、ラクロスが世に広まるようになったのです。1971年に初めて行われたLacrosse NCAA Championshipでの初めての得点はSTXのラクロススティックにより記録されました。STXはラクロスオリジンブランドで現在唯一の独立系になります。STXによると市場シェアはナンバーワンであり(*2)、研究開発にも多額を投入しています。

Synthetic Lacrosse Stick
equipment_1

New Balanceグループ

Brine

Brineは1922年創業で現存するラクロスオリジンブランドでは一番の老舗です。創業当時からウッドスティックの製造に携わっていました。1970年に入るとSTXがプラスチック製のヘッドを開発。Brineも同時期に開発に成功しました。1997年にはヘッドの表面がシャフトの軸よりもやや下方に位置するオフセットヘッドの特許(米国特許US5651549A)を取得しています。ボールハンドリング性能が向上したBrine Edgeは一時期殆どの米国プレーヤーが使用していたとの見方もあります(*3)。2006年にNew Balance傘下に入っています。

オフセットヘッド
equipment_2

(*3) Lax All Starsの記事より抜粋。Inside Lacrosseの記事にもBrine Edgeの紹介あり。

Warrior Sports

Warrior SportsはPrinceton出身のDavid Morrowが1992年に創業しました。David MorrowはMLLの創設者の一人でもあります。当時のシャフトはアルミニウム製でしたが、チタニウム製を初めて開発製造しました。2004年にNew Balance傘下に入っています。なお、イングランドサッカープレミアリーグのLiverpool FCのキットサプライヤーを2012年に務めています。

Bauerグループ(Performance Sports Group)

Cascade

CascadeはBrineファミリーの一人のBill Brineにより1986年に創業したヘルメット及びアイガードを取り扱うブランドです。Cascadeのラクロスヘルメットでの市場シェアは2015年現在で90%になります(*1)。2012年にBauer傘下に入っています。

Maverik

MaverikはJohns Hopkins 出身のJohn GagliardiとVirginia出身のJay Jalbertが2005年に創業したもっとも新しいラクロスオリジンブランドです。2010年にBauer傘下に入っています。

その他

その他にもNike、Under Armour、Adidasといったメジャースポーツブランドがラクロスギアを製造しています。

その他ラクロスギアに関する関連記事 :

The Baltimore SunによるSTXに関する記事 Lacrosse stick maker STX invests in new ideas

Inside Lacrosseによるラクロスギア取扱企業の増加に関する記事 : IL’s Biggest 15: Explosion of the Industry

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Hayato Muramatsu

Hayato Muramatsu

投稿者プロフィール

①名前:村松 隼人
②職業:スポーツテックベンチャー
③出身:慶應義塾大学
④ラクロス歴:15年
⑤ラクロスで得たもの:アスリート思考

この著者の最新の記事

関連記事

オススメ記事

  1. 以前このTeam Hub(チームハブ)をご紹介してから数多くの問い合わせ&ダウンロードがあるそうで、…
  2. こんにちは。ラクロスプラスです! 今までラクロスプラスで学生の編集長&レポーターを募集をしてお…

カテゴリー

Follow us on twitter

人気の記事

ページ上部へ戻る