【NLL2017】Week11ハイライト

Week11ハイライト

Toronto Rock 16 Calgary Roughnecks 10 (観客10,370人)

往年のキャプテンColin Doyle(*1)の引退式を行ったToronoto Rockがゲームを終始支配して勝利。RockはベテランのBrett Hickey (5G1A) とルーキーのTom Schreiber (4G4A) が活躍。Roughnecksはここ7試合で6敗となった。

(*1) 2006年までの現役19シーズンのうちRock に16シーズン所属、7シーズンキャプテンを務めた。

Saskatchewan Rush 12 Colorado Mammoth 11 OT (観客15,037人)
New England Black Wolves 13 Georgia Swarm 8 (観客5,324人)

Black WolvesがEast Division首位のSwarmに勝利。Black Wolvesは捻挫により前節の試合の出場を控えていたShawn Evansが復帰しオフェンスを終始支配。前半を終えて8-4とするとそのまま逃げ切った。ゴールテンダーのEvan Kirkは52-44のセーブ率.846で勝利に貢献。

Vancouver Stealth 10 Colorado Mammoth 6 (観客12,008人)

West Divisionの2位(Mammoth)と3位(Stealth)の直接対決はStealthが勝利。Mammothはここ5試合で4勝、敗戦はWest Division首位のRushとの1点差の試合のみと絶好調であったが、Stealthが撃破した。Stealthは ここ4試合で3勝1敗とし、シーズン開幕以来のスロースタート(2勝5敗)から復調の兆し。

関連記事

  1. 【女子日本代表情報】W杯動画配信情報|1試合2ポンド・全試合25ポンド

  2. 【NLL2017】Week14ハイライト

  3. キネマティクスによるラクロスの傷害とパフォーマンス分析

  4. 【NLL2017】Week3ハイライト

  5. NCAAラクロス(男女)の基礎知識

  6. 【Fall Classic試合まとめ】アメリカ vs オーストラリア

  7. Major League Lacrosse 15年間の歴史は成功したといえるのか?-飛躍への課題と解決策

  8. English Lacrosse Associationの戦略 – 2013-2017戦略プラン

  9. 2017年版|ラクロス世界大会情報