【こぶ平レポート】第8回全国中学校高等学校女子ラクロス選手権大会

新年度ラクロスシーズンの最初の公式戦となるのが、全中高女子ラクロス選手権です。

正しいかはあやふやですが、東京成徳大学中高さんの時代から2012年桐蔭学園中高さん、2013年が同志社さん、2014年が東京成徳大中高さん、2015年は日大中高AQUAさん、そして昨年は関東第5代表として、又公立高校として初の優勝をしたのが、横浜市立東高校(East Girls)さんでした。

昨年のTeen’s ラクロスは横浜東高校の時代 という感じでしたね。

秋の大会でも優勝した東高校中心に全国大会が動く事は間違いなさそうですが、どこか大きな変化が来そうな雰囲気もある、今年の全中高ラクロス。

3月27日28日29日の平日三日間、場所は今年は「富士通スタジアム川崎」にて開催されます。

3月19日に東日本第5代表決定戦が行われ、関東の熊谷女子さんが、大妻多摩さんを破って初の全国大会、決勝トーナメントに駒を進められました。快挙と言えますね。
大学や、クラブチームと交流されてきた成果が実を結んだのでしょう。全国での戦いぶりに注目ですが、一回戦はなんと優勝候補の横浜東高校との対戦になります。

27日(月曜日)1回戦

① 横浜市立東高校(EastGirls/東日本1位)対 埼玉県立熊谷女子高校(U.S.movers/東日本5位)

② 同志社中高(BeatBeans/西日本1位)対 東京成徳大中高(BRAVEYOUTH/東日本4位)

③ 埼玉県立伊奈学園総合高校(GrassHoppers/東日本2位)対 立命館宇治中高(Cherry’s/西日本3位)

④ 関西大中高(西日本2位)vs 日大中高(AQUA/東日本3位)

28日 準決勝

① の勝者vs ④の勝者
② の勝者vs ③の勝者

他順位決定戦?交流戦?

29日 決勝、3位決定戦 &交流戦 

となっています。
例年東日本勢の優勢が言われていますが、西日本の3校は関西の大学チャレンジリーグでの試合も含めて、直前のクラブチームそれも(NLC Scherzoさんと)練習試合を重ねておられますから、相当な錬成度だと予想されます。

最も注目は、同志社vs東京成徳の戦いになるはずです。

関東ではお目に懸れない、関西の高校の試合ぶりを是非観戦して下さい。

そして、どのチームが横浜東を止めるのか?目が離せない3日間になります。

3月27日から3日間 @富士通スタジアム川崎 朝8時からセットアップ予定です。

今シーズンもラクロスの裏側などをお伝えしていければと思います。
よろしくお願いします

こぶ平

関連記事

  1. 【こぶ平レポート】クリスマカップ in東海大学

  2. 【女子日本代表情報】観客から見た選手紹介②|DF編

  3. 【女子日本代表情報】インタビュー|竹村 薫選手のワールドゲームズに懸ける想い

  4. 【こぶ平コラム】今シーズンのラクロス展望 西日本学生プラスα

  5. 【Staff Spotlight】大坪 真歩さん|関西学院大学(女子ラクロス)

  6. 【こぶ平レポート】関東女子ラクロス・準リーグ

  7. 【こぶ平レポート】関西学生女子ラクロス・チャレンジリーグ(準リーグ)

  8. 【こぶ平コラム】ラクロス全日本クラブ選手権を観に行こう|女子編

  9. 【こぶ平レポート】初夏のラクロス|徒然なるままに5