【こぶ平コラム】Teen’sラクロスの今~チェックのスコートは今や~

ラクロスについて、巷では、大学生のスポーツとか、女子のチェックのスコートが可愛いよねとか聞こえますが、その辺を掘り下げるシリーズ第1弾。(第2弾があるかは不明)

Teen’sラクロスの今~チェックのスコートは今や~

ラクロスファンの皆さん!大学ラクロスや日本選手権をご覧になられた方は多いでしょうね。そして初めてラクロスを見られた方の多くは、チェックのスカートじゃないんだ?男子もあるのね?という感想を持たれます。

何故でしょうね?

日本で取り上げられた最初が、女子ラクロスだったからなのか?その時にはチェックのスコートが多かったのか?その辺り、ラクロス協会の30年史を見ると初期の日本の女子ラクロスはやはりチェックのスコートにポロシャツだったように見えます。(1989年の第1回国際親善試合@駒沢陸上競技場http://www.lacrosse.gr.jp/history/repo/id=552 は日本代表もチェックのスカートにポロシャツです。)
国際親善試合での初勝利

写真は1990年の日本選抜女子の試合です。(ラクロス協会 25周年特集から)

という事で、ラクロスは女子のチェックスカートに萌えだったのでしょうけれど、今やチェックのスコートは大学では立教女学院短大さん以外に思いつかない。そんなチェックのスカートにポロシャツで試合というのは
今や、高校中学のTeen’s ラクロスでしかお目にかかれないようです。
そんなTeen’sLacrosseでは 伊奈学園総合GrassHoppers、目白研心WhiteEyes、聖ドミニコ学園Cheers等がチェックにポロシャツのユニフォームで戦っています。

埼玉県立伊奈学園総合高校チーム
そして、今週末東日本Teen’sCupの準決勝が6月17日(土)10時半から江戸川区葛西臨海球技場で行われます。
10時半~ 横浜市立東高校(EastGirls;全日本2位、春Teen’sCup5連覇中)vs埼玉県立伊奈学園総合(GrassHoppers;全日本Best4)チェックのスコートが煌めくか?
13時~  東京成徳大中高(BRAVE YOUTH;全日本優勝)vs 日大中高(AQUA;全日本Best4)
という昨秋からの強豪4チームが順当とは言えないまでも、やはり強さを見せて準決勝に挑みます。
特に、横浜東は6連覇を狙い、東京成徳は本物の復活を狙う。しかし、伊奈学園はどうしても得られない優勝への思いが強く、日大中高も手が届きそうで届かなかった優勝への気持ちがどこよりも強そうなわけで、技術的なものは4チームで差はあまりないとても厳しく面白い戦いとなりそうです。

たぶん、大学の2部チームの選手もぶっ飛ぶようなスキルも見られます。もちろん、弱点もありますが、そんな選手の溌剌とした試合ぶりを是非ご覧いただきたいと思います。

ちなみに東日本中学高校女子ラクロスリーグには26チーム28校が参加し、今年からは本格的に仙台育英高校も参加をしてくれています。(今年東洋高校に勝利して歴史的な1勝を挙げています)そして、目白研心中高WhiteEyesは来年のシード校入りを果たしたはずです。
シード校 横浜東、東京成徳、日大高、伊奈学園総合高、県立鶴見高、聖ドミニコ学園、都立飛鳥高と目白研心高

毎年、レベルアップが目覚ましい中高ラクロス、そのTop4の激突を是非6月17日葛西臨海球技場でご覧ください。

そして、6月17日は、なんと、なんと、東日本クラブ女子リーグの4試合も隣のグラウンドで試合です。これは行くしかないでしょう!

クラブリーグ1部 MISTRAL対WISTERIA 12時50分ドロー
以降2部SFIDAM対 VEUZZ、16:10 2部BACCHUS 対Laptor 17:50 2部WALLOP 対 ARUKAS です。

6月17日 ラクロスが面白い

こぶ平

関連記事

  1. 【こぶ平レポート】ラクロスプレーオフ|全国大会の楽しみ方

  2. 【こぶ平コラム】大学ラクロスの進化

  3. 【こぶ平レポート】Teen’sラクロス 新シーズン開幕~東日本編〜

  4. 【こぶ平レポート】超速報|全日本中高女子ラクロス選手権

  5. 【こぶ平レポート】女子ラクロス・Teen’s(高校)

  6. 【女子日本代表情報】インタビュー|竹村 薫選手のワールドゲームズに懸ける想い

  7. 【こぶ平コラム】ラクロス全日本クラブ選手権を観に行こう|男子編

  8. 【ラクロス会場情報】江戸川区陸上競技場

  9. 【受賞者一覧】第30回記念関東『女子ラクロス』リーグ戦ベスト12(1〜3部)