【熱中症対策】現場で使える熱中症対策(水分補給編)

熱中症はどうして起こる?

高い気温と日差しによって暑熱環境が生じると体温が上がります。
その暑熱環境の中で運動をすると、運動による
体熱産生によってさらに体温が上昇します!
この過度な体温の上昇が血液の循環に悪影響を及ぼしたり、脳の温度が上昇したりして種々の症状が表れます。

その体温が上がりすぎないように、
身体は「気化熱」というもので、
汗をかいて皮膚表面の水分を気化させる
ことで体温を下げます!
冷たい水分を摂取することでも体温を下げることができます!

とっても簡単に言うとこんな感じ、、、

しかし、体温を下げるために発汗すると身体の水分とミネラル(塩分)が喪失します!
それを補給するために「水分補給」をすることが盛んに言われています。
練習中も「しっかり水分摂って!」とマネージャーさんに言われてるんじゃないでしょうか?

脱水が進むと身体を巡る血液の量が減り、脳や内臓への血液の供給が減るため、
筋のけいれん(筋肉がつる状態)、頭痛、吐き気・嘔吐、立ちくらみなどが起こります。

体温の上昇と脱水がもっと進むと脳の機能がダウンしてしまい、激しい嘔吐や意識障害となり生命に危険が及びます!

見当識障害といって、反応・返答がおかしい・遅い、わけのわからないことを言う状態はかなり危険ですので、周囲のひとは異変に気づいたらすぐに練習を中断させてください!

また、頭痛や頭が締められる感じ、吐き気・嘔吐は普通の状態ではありません。
そのため、そのような症状があればその選手はすぐに練習を中断してください!

熱中症の分類や症状などは少し調べると出てくるので、ここではわかりやすい図だけのせておきます!

ー【次ページ】熱中症の分類や症状についてご紹介ー

The following two tabs change content below.
MiyashiroYuki

MiyashiroYuki

①名前:宮代祐希 ②職業:こどもの支援とトレーナー ③出身:筑波大学大学院 ④ラクロス歴:3年(法政大学女子ラクロスTR) ⑤ラクロスで得たもの:ゼロからの創造とあたりまえからの脱却
1

2

3

関連記事

  1. 【トレーニング】ゲーム感覚でできる体幹トレーニング

  2. 【Staff Spotlight】中島 しずくさん|成蹊大学(女子ラクロス)

  3. 【東京で試合や練習を行うチーム必見!】氷代を安く抑えるコツ|東京にある氷屋さん一覧

  4. 【Staff Spotlight】櫻井 祐希奈さん|京都大学(男子ラクロス)

  5. 切り返しが鋭くなる“ファンダメンタル・オブ・アスレティック・ムーブメント”

  6. 【トレーニング】基本のトレーニング For Freshman

  7. 【動画】ラクロッサー必見!シュートを速く打ちたいなら肩の可動域を広げよう!

  8. 【Staff Spotlight】岡崎 真子さん|北九州市立大学(男子ラクロス)

  9. 【トレーニング】究極の追い込みトレーニング『10種のバービー』

  10. 【熱中症対策】現場で使える熱中症対策(救護編)

  11. 【トレーニング】女子ラクロッサー向け|雨の日でもできる室内トレーニング方法

  12. 【ラクロッサー必見|脳震盪について知ろう】①脳震盪ってなに?

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー