【女子ラクロススキル】ドロワー必見!ドローワー向け練習方法

最近ではドロワーの重要性が以前に比べ高まってきていますね。
そこで今回はドロワー向けにどんな練習をしたらいいのか、またその練習のコツをご紹介します。
スポンサードリンク

Catching High/高いところでボールをとる練習

ドローはどれだけ高いポイントでボールをとって、それをキープできるかがポイント。
自分でトスアップして一番ボールが高くあがったところでボール取る練習をしましょう。動画の1分20秒あたりにどのようにして練習をするかがありますので、そこを要チェックです。

ドロー後のキャッチ練習

ドローを飛ばした後のキャッチ360度練習。
自分でドローの形から周辺360度に投げ、片手でキャッチをする練習です。

ー次はドローの反応&パワーアップのための練習方法ですー

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

1

2 3

関連記事

  1. 【ニュース】2019年から日本の男女ラクロスルールが変更に!

  2. 【Player Spotlight】緋田 江身選手|明治大学

  3. 【Player Spotlight】小西那奈選手|NeO

  4. 【Referee Spotlight】松井友梨さん|岐阜大学(女子ラクロス)

  5. 【Staff Spotlight】中島 しずくさん|成蹊大学(女子ラクロス)

  6. 【こぶ平レポート】関東中高生女子ラクロス春季リーグTeen’s Cup決勝トーナメント

  7. 【慶應義塾大学】DAY5 現地レポート-St.John’s-

  8. 【Player Spotlight】杉本 知佳選手|関西学院大学

  9. 【こぶ平コラム】大学ラクロスの進化

  10. 【インタビュー】1990年代のラクロス④:忽滑谷由美子さん(聖心女子大学)

  11. 【文武両道系ラクロッサー】吉岡 美波選手|慶應義塾大学(女子ラクロス)

  12. 【女子ラクロス1年生必見】ラクロスは基礎中の基礎が一番大切!握る投げる取る!

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー