【ラクロッサー必見|脳震盪について知ろう】③脳震盪になったときの症状

脳震盪のコラム第3弾、脳震盪の症状について。
これまで脳震盪の概要脳震盪の機序や頻度について書いてきました。

じゃあ実際脳震盪ってどうなるの?
というところを書いていきたいと思います!



脳震盪になると、、、

脳震盪になるとどうなると思いますか?

【意識がなくなる】
【頭が痛くなる】
【吐き気がする】
【はっきりしなくなる】
このあたりでしょうか?

私も初めて脳震盪の対応をした2015年まではこれらが1番に頭に浮かんでいました。

実際はどうかと言うと、私自身いままでに意識消失をした例にまだ対応していませんし、
本当に症状は様々であるということがわかりました。

脳震盪の症状

Wassermanら(2015)によって脳震盪によって現れる症状について報告されています。
それをまとめたのが下図です!

よく出る多い症状には頭痛、めまい、集中力低下、光過敏、バランス(平衡機能)低下、見当識障害、吐き気・嘔吐の順とされています。

※見当識障害:いま自身がおかれている状況がわからない状態。
例えば今日が何月何日か、ここはどこか、試合の相手は誰かなど、、

反対に少ない症状健忘(外傷前や後の記憶障害)、意識障害です。
その他の症状は自身も他者も気づきにくいこともあり、「なんかいつもと違う」ことが多いです。

脳震盪といえば【意識障害】のイメージが強いですが、意識障害が起こるのは脳震盪のたった5%にすぎません!

症状は複数であることが多く、平均すると5.29個と症状が重なることが多いです。
また、1週間以内にその症状が消失することが60.1%ですが、反対に言えば40%近くは1週間以上症状が持続します。

そして、セカンドインパクト症候群のように短期間のうちに2回目の脳震盪でなくとも、初回受傷よりも2回目以降の再受傷の方が重症化しやすいです。

実際にどういうことが起こるかというと、
頭痛や吐き気、めまいが起こることは多いです。
受傷後のプレーを覚えていないという外傷後健忘の症状も対応したことがあります。
数日間集中ができずぼーっとしていて日中の睡眠時間が長いこともありました。

グラウンドで受傷直後に判断をするときに見当識とバランスが障害されていることが多く、これらを確認することが多いです!
これらの受傷後の対応については次回詳しく説明したいと思います!

次回は脳震盪の対応についてご紹介したいと思います!


The following two tabs change content below.
MiyashiroYuki

MiyashiroYuki

①名前:宮代祐希 ②職業:こどもの支援とトレーナー ③出身:筑波大学大学院 ④ラクロス歴:3年(法政大学女子ラクロスTR) ⑤ラクロスで得たもの:ゼロからの創造とあたりまえからの脱却

関連記事

  1. 【クールダウン】ラクロスのプレー後にオススメのヨガ

  2. 【東京で試合や練習を行うチーム必見!】氷代を安く抑えるコツ|東京にある氷屋さん一覧

  3. 切り返しに強くなりたいならこのトレーニングを!!

  4. 【ラクロッサー必見|脳震盪について知ろう】②どういうときに脳震盪になるの?

  5. 【トレーニング】ストレッチ|動的ストレッチと静的ストレッチ

  6. 【ラクロッサー必見|脳震盪について知ろう】④脳震盪後の対応・評価

  7. 簡単にできる!試合や練習後の”身体の疲れ” をとる5つの方法

  8. はじめまして!TRの宮代祐希です!

  9. 【Staff Spotlight】中島 しずくさん|成蹊大学(女子ラクロス)

男子ラクロス世界大会開始カウントダウン

WORLD LACROSSE CHAMPIONSHIP2018年7月12日
あと24日です。

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー