【ラクロスルール】 ラクロス審判試験のオススメ勉強法

ラクロッサーの皆さん、オフ期間はいかがお過ごしでしょうか?(オフ期間でない人はすみません)

期末テストであったり、遊んだり、アルバイトしたり、ラクロスしたりなど人それぞれだと思いますが、来月に控える“審判試験”の勉強を早速始めている方もいるかと思います!

審判試験(男子ラクロス:2月10日、女子ラクロス:2月17日)まで2週間もしくは3週間を切りました。

そこでLACROSSE PLUSでは、審判試験に役立つルール勉強情報をお届けしていきたいと思います。

初回のテーマは「オススメの勉強方法」

以前Referee Spotlightで紹介した学生審判員の方(今回は4名)、そして筆者を含めた審判資格保有のラクプラ学生メンバーの勉強方法を聞き、どのような勉強法が多く行われているのか分析し、まとめました。

伺った内容としては、以下の通りです。
(1)実際に行った勉強方法
(2)オススメの勉強方法
(3)審判試験に向けて頑張るラクロッサーに一言

男子競技審判員|渡邊 照之さん

 

(1)実際に行った勉強方法

実際に行ったのはルールブックを読んだだけです。でもただ読むだけではなく、ルールブックにある実際の状況判断のところ(AR)で、その場面をイメージすることが大事。それで、問題で出た時にその状況をイメージするとわかりやすいです。

(2)オススメの勉強方法

ただ眺めるだけじゃなくて、状況をイメージしながらルールブックを読んでみてください。去年審判試験に受かった友人は、自分の苦手なところ・テストに出そうなところをノートに書き写していました。

(3)審判試験に向けて頑張るラクロッサーに一言

審判になって新しい目線でラクロスを楽しみましょう!!

男子競技審判員|原 拓輝さん

(1)実際に行った勉強方法

ひたすらルールブックを読み込みました。学校の試験が終わって時間に余裕ができたので、暇な時はルールブックを読んでいたらだいたいのことは理解できました。それでもわからないことは先輩に聞いて勉強していました。

(2)オススメの勉強方法

ルールブックを読みましょう。実際のジャッジはルールブックだけでは補い切れませんが、試験はルールブックに書いてあること以上のことは出ないのでそう考えると簡単ですよ。

(3)審判試験に向けて頑張るラクロッサーに一言

チームの事情などで絶対合格したいという人もいるかと思いますが、ラクロスに対する理解を深める程度の感覚で勉強した方が気楽に臨めると思います。頑張ってください!合格したら一緒に審判しましょう!

男子競技審判員|山本 明日香さん

(1)実際に行った勉強方法

私は「模擬問題・練習問題を解くこと」を何度も行いました。

この際に正解か不正解かを考えるだけではなく、「どこがどう不正解なのか」も考えるようにしました。そうすることで類似した問題にも対応出来るように対策をしました

「ルールブックは読みましたか?」とよく聞かれますが、資格を取得する前はルールブックを持ってすらいませんでした。今でもルールブックは分からないことを調べる時に使用している程度です。私の周りの審判員の方もルールブックは調べる時に使う人が多いです!

(2)オススメの勉強方法
「日々の練習や試合で疑問を持ちながら取り組むこと」です。

改めて審判試験の対策をするというより、ラクロスに対する日々の向き合い方が大事だと思います。

私は現役の頃、分からないことがあれば納得出来るまで選手に聴くことにこだわりました。

実際にプレーしている選手と周りで見ているスタッフではどうしても感じ方が違います。そういう点からも、選手とスタッフ、共に知識を高め合っていくことが大事だと思います!

また、スタッフは練習や試合ではマネジメントの効率・怪我人への対応など、落ち着いてプレーを見ることが少ないかもしれません。

そういう時は動画を観てください!

どのように試合展開がされているのか、選手・審判の動き方はどうなのか。プレーだけでなく、動画からはさまざまなことが学べると思います。多くの動画を観て、ラクロスに関わっている時間を増やすことが最も大切だと思います

(3)審判試験に向けて頑張るラクロッサーに一言

審判資格を取得し、試合で笛を吹くことは、選手はプレー面で、スタッフは笛の吹き方・スコア・ビデオの撮り方など多くの面で必ず自分の為だけでなくチームの為になることがあります。

ぜひ試験に合格し、チームへの貢献を目指して頑張ってください!
スポンサードリンク

女子競技審判員|菊池 晴菜子さん

 

(1)実際に行った勉強方法

まずルールブックを丸暗記しました。(結構数字とかひっかけが多いので)
一度過去問を解いて傾向を掴んで、ルールブックを読む時に「ここでそうだな」とか考えながら読んでいました。
あとは覚えたことを人に説明したり、自分で問題と答え作って合っているか他の人に聞いてました。

(2)オススメの勉強方法
①審判資格を持っている人に問題を出してもらう

→過去問と模試を一通り解き終わっても不安だったので、シグナル、ファール処置などいろんな問題を出してもらってました。分からないことがあればその場で聞くようにしていました。

②練習中のファールを見る
→審判試験に合格するためにはルールブックを覚える必要がありますが、合格した後実際に吹く時にルールブックの丸暗記だと全く吹けないので…笑

(3)審判試験に向けて頑張るラクロッサーに一言

審判資格を持つ人がたくさんいるチームは、ファールやプレーのことを考えられる分強くなれると思います。ぜひ1人でも多く審判試験に合格できるよう頑張って下さい!

ここからは、LACROSSE PLUS学生メンバーの2名です!

女子競技審判員|山田 真由

→女子ラクロスルールBOTを更新してくれています。彼女の処置問題を参考にしている人もいるのでは?

(1)実際に行った勉強方法
①「ルールブックを見て」、知識を詰めた後に②「過去問を解く」作業を繰り返しました。
数年分過去問を解くと、「これはよく見る問題だな」とか「この言葉がよく変えられてるな」(例えばゴール内側から1.83m⭕️→外側から1.83m❌)とか、問題の傾向が見えてきます。
すると、①を行う時も注意しながら読むようになるので、②の正答率も上がるようになりました。

(2)オススメの勉強方法
処置問題については、過去問が1番の参考書になると思います。ルールブックでは知識が得られるけど、処置問題はその知識を前提の上で問題にしているので、自分が苦手な部分を確認することもできます。また、処置問題はポイントを抑えれば文面が変えられても根底は同じなので、ルールBOTの処置問題の解説もぜひ参考に!

アームシグナルとファール名、どの分類か(メジャー、マイナー、ゴールサークル)の3点はセットで覚えましょう!友達と問題を出し合うと、より記憶に残りやすくなるのでおススメです♩

(3)審判試験に向けて頑張るラクロッサーに一言
フィールドの中に立てるのは2チームと審判員です。そのため審判員は、最も広く客観的に試合を間近で見ることができる、唯一の存在になります。ぜひ試験に合格して、ラクロスに対する思考幅を広げていきましょう!

女子競技審判員|金田 郁美

→このコラムとReferee Spotlightの筆者

(1)実際に行った勉強方法

東海地区で行われているルールテストのルール資料と自チーム作成の資料でルールとシグナルを覚え、その知識を元にひたすら過去問を解いていました。特に過去問は完璧に理解できるまでは解き続けました。

(2)オススメの勉強方法
過去問を解くことと、ルールブックを読むことです。
去年から女子審判試験の問題形式は変わりましたが、過去問を解くことでどのような問題がどのような形式で出題されるかはわかったので、オススメです。

ルールブックに関しては、実は審判試験に受かってから初めて読んだくらいなので、実際に試験勉強には活用していませんが、なぜおすすめなのかというと、ルールブックを読まないと知らなかった知識があり、その知識が実際の試験問題に出題されていたためです。1度目の審判試験で4点足りずに落ち、2度目の審判試験でようやく受かった身なので、みなさんがそうならないことを願います。。。

(3)審判試験に向けて頑張るラクロッサーに一言

審判試験に合格するだけが目的ではなく、そこから先審判員として活躍するための第一段階が筆記試験だと思うので、より多くの人が審判員として活動してほしいなと思います。
スポンサードリンク

まとめ

ルールブックを読むことや過去問題を解いて、試験対策に臨んだ人が多くいらっしゃいました。
審判試験の試験範囲は、ルールブックのため、ルールブックの内容を理解し覚えることができれば、より合格に近づくでしょう!

ルールブックは現在、日本ラクロス協会のホームページにてPDF形式のファイルでダウンロードできますので、そこから印刷してみてください。(小冊子で印刷すると良いですよ♪)

また、過去問題はどのようなことが出題されるかなど、傾向を把握することができると思います。

過去問題は配布されていませんので、受験経験のある先輩などから問題用紙をもらいましょう。問題はスキャナーなどで読み取って保管するなどと、今後審判試験対策をするときに共有しやすいです。

男子ラクロスと女子ラクロスでの審判試験の出題形式は異なるため、勉強方法も少し変わってくるかと思います。

もちろん勉強方法は人それぞれだと思うので、今回紹介した勉強方法を参考にしてもらいながら、自分にあった勉強方法を見つけて筆記試験合格を目指してください!

以上、【審判試験コラム】オススメの勉強方法編でした!
次回も審判試験に役立つ情報をお届けします。

スポンサードリンク

The following two tabs change content below.

金田郁美

レポーター
①名前:金田郁美 ②所属チーム:MISTRAL ③ポジション:スタッフ ④ラクロス歴:5年目 ⑤一言メッセージ:試合に欠かせない審判員の魅力やラクロスのルール理解を広めていけるよう努めていきます!

関連記事

  1. オーストラリア代表選手にみる女性ラクロッサーのキャリアモデル

  2. 【2017年振り返り】最も読まれたStaff Spotlightは?Best 5を発表!

  3. 【関東在住ラクロッサー向け】交通費を安く抑える方法

  4. 【女子ラクロスグッズ】アイガード編

  5. 【他大から学ぼう】立教大学・女子ラクロス|サブリーグ運営

  6. 【ラクロスが熱い!】オススメのラクロス漫画!!

  7. 【動画】誰にでも存在するもう1人の自分

  8. 【ラクロスが熱い!】ラクロスをテーマとしたテレビ&映画

  9. 【全ラクロッサー向け】交通費を安く抑える方法(新幹線・バス・飛行機編)

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー