【審判試験対策】女子ラクロス|処置問題①

問題【2】

A7が11m扇内でシュートを打とうと向かっていたが、ついているD7に対してチャージングをした。

A、D7がファールを受けた場所でボールを持ち、A7はその真後ろ4mに立つ。
B、D7がファールを受けた場所でボールを持ち、A7は位置関係を保ちながら4m離れる。
C、D7がゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長が11mを結ぶ位置でボールを持ち、A7はその真後ろ4mに立つ。
D、D7がゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長が15mを結ぶ位置でボールを持ち、A7は位置関係を保ちながら4m離れる。
E、A~Dは全て間違いである。
スポンサードリンク

解説【2】

11m扇内でのファールですが、気を付けてくださいね。アタック側のファールです。
ディフェンス側の場合、前問題のようにフリーシュートになりますが、アタック側の場合処置が違います。

☆ゴール前方の、ゴールサークルの中心から11m以内の位置…(青色)で、攻撃側の選手がメジャーファールを犯した場合
☆ゴール後方の、ゴールサークルの中心から11m以内の位置…(緑色)で、守備側もしくは攻撃側の選手がメジャーファールを犯した場合

覚えにくいなと思った方、ポイントだけ覚えてしまいましょう!
○ディフェンスのゴールサークル前方11mでのメジャー⇒フリーシュート
○それ以外の11mでのメジャー⇒延長11mライン

どうでしょう?これなら覚えやすいでしょうか?
そのため、「ファールを受けた場所」は誤りのため選択肢AとBが消えます。
また、「延長15m」ではないので、選択肢Dも消えました。
図を書いて正しい処置を記入していきましょう。

D7がボールを持って、A7が真後ろ4mに立つ。場所は、ファールの起きた位置を結ぶ線の延長11mを結ぶ位置…。
これらの条件に当てはまるのは、選択肢Cですね。

ー【次ページ】問題3へ続くー

1

2

3 4 5

関連記事

  1. 日本のラクロスコーチの現状|アンケートから見えたコト④

  2. 【ラクロッサー川柳】2017年川柳No.1〜10までをまとめてご紹介

  3. 【Player Spotlight】多賀 麻文選手|NeO

  4. 【Player Spotlight】寺西 志保美選手|FUSION

  5. 【Player Spotlight】坂野 紗弥子選手|MISTRAL

  6. 【就活を頑張る大学3年生ラクロッサーへ】2017年大学4年生ラクロッサーの先輩の実状とアドバイス

  7. 【Staff Spotlight】木下 結理さん|南山大学(女子ラクロス)

  8. 【差し入れ何持って行こう?】プレーヤー的もらって嬉しい差し入れ一覧(暑い時期の試合編)

  9. 🎥ラクロスプラスおすすめ1日1動画🎥女子ラクロス2017年7月分復習

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

Twitter でフォロー