【審判試験対策】女子ラクロス|処置問題②

2月7日で、審判試験まであと10日になりました。
焦り出してきた方もいるのではないでしょうか?
しかし、まだ大丈夫です!
これまでコツコツやってきた方は、抜け漏れがないように、詰め込みでこれからやる方はポイントを押さえてやっていきましょう!

今回も処置問題を5題用意しました。早速挑戦していきましょう!

処置問題

問題【1】

攻撃側の白①がシュートを打ったが、その足がゴールサークルを踏んでいた。なお、打ったボールはサークル内のゴールキーパーに当たり、サークル外に転がり出て、白①に最も近いDF青①のすぐ近くにある。

A、ボールに最も近い青①がその場でボールを持ち、シュートを打った白①は、位置関係を保ったまま4m離れる。ゴールキーパーはサークル内に留まる。
B、サークル内のゴールキーパーがボールを持ち、シュートを打った白①は、ゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長上で、ゴールサークルから4m離れた位置に立つ。青①はゴールサークルから4m以上離れた位置まで移動する。
C、ボールに最も近い青①がゴールサークルとファールの起きた位置を結ぶ線の延長上で、ゴールサークルから4m離れた位置でボールを持つ。ゴールキーパーはサークル内に留まり、シュートを打った白①はその場に留まる。
D、サークル内のゴールキーパーがボールを持ち、シュートを打った白①はゴールラインの延長上15mの位置に立つ。青①は11mマークに立つ。
E、A~Dは全て過りである。
スポンサードリンク

解説【1】

ファール名が明記されていないので、まずは何のファールか考えましょう。
攻撃側の選手がゴールサークルを踏んでいたので、イン・ザ・クリースですね。
分類はゴールサークルファールです。
では、ゴールサークルファールの時はどのような処置になるのでしょうか。
メジャーファールやマイナーファールと比べると、処置方法が少ないので、この問題で覚えてしまいましょう。

まず、今回ファールをした人は攻撃側の白①です。
攻撃側の選手がゴールサークルファールを犯した場合、ゴールサークル内の選手からボールが始まります。
そのためここでは、サークル内のゴールキーパーから始まります。
(なお、キーパーがサークル外に出ていて誰も中にいない場合は、サークルに最も近いDFの選手が中に入ってボールを持ちます。)

選択肢AとCはボールを持っている選手が青①になっているので、ここで消えますね。

では、他の人の処置はどうなるのでしょうか。
攻撃側の選手のゴールサークルファールでは、
「ゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長上で、ゴールサークルから4m離れた位置」
にファールを犯した選手が立ちます。
文字で見ると、難しく感じますね。図にしてその場所を確認しましょう。

そのため、選択肢Dのゴールライン延長上15mの位置は誤りのため消えます。
最後にこれまでの条件を確かめてみると、攻撃側のファールでは以下2点がポイントです。

〇ゴールサークル内の選手から始まる⇒ここではゴールキーパー
〇ゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長上で、ゴールサークルから4m離れた位置に立つ

これらに当てはまる正解の選択肢は、Bでした。
処置の場所は文面だと「どこだろう?難しそうだな」と感じてしまいますが、図にして考えるとわかりやすいですよね。
文面だけでは判断しづらい方は、積極的に自分で書いてみましょう!
スポンサードリンク

ー【次ページ】問題2へ進むー

1

2 3 4 5

関連記事

  1. 【女子日本代表情報】インタビュー|竹村 薫選手のワールドゲームズに懸ける想い

  2. 【Player Spotlight】井上裕理選手|NeO

  3. 【HOW I COACH】小堀朗子 ーAkiko Koboriー

  4. 【試合日程&結果一覧】第24回東北学生ラクロスリーグ戦・女子(9月24日更新)

  5. 【審判試験対策】女子ラクロス|処置問題③

  6. ラクロス女子W杯が日本で開催!?!?

  7. 【試合日程&結果一覧】第27回東日本クラブチームラクロスリーグ戦・女子(11月3日更新)

  8. 2017年ラクロス3大大会観戦ガイド|全日本ラクロスクラブ選手権

  9. 🎥ラクロスプラスおすすめ1日1動画🎥 |女子ラクロス2017年1月分復習

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

Twitter でフォロー