【審判試験対策】女子ラクロス|処置問題②

問題【4】

攻撃側の白①がゴールに向かって進んでおり、ゴールサークル直前でボールを落とした。守備側の青①と取り合いになったが、青①がボールを拾う前に白①がクロスをチェックしたことで拾うことができなかった。

A、青①がゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長が15mラインと交わる位置でボールを持ち、白①はその場に留まる。
B、青①がゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長が15mラインと交わる位置でボールを持ち、白①は位置関係を保ったまま青①から4m離れる。
C、青①がゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長が11mラインと交わる位置でボールを持ち、白①はその場に留まる。
D、青①がゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長が11mラインと交わる位置でボールを持ち、白①は位置関係を保ったまま青①から4m離れる。
E、A~Dは全て誤りである。
スポンサードリンク

解説【4】

さて、何のファールか書いていない問題です。
「ボールを拾う前に白①がクロスをチェックしたことで拾うことができなかった」
ということで、ファール名はエンプティスティックチェックです。

カバーリングと同じマイナーファールですが、処置問題以外でもアームシグナル問題や選択問題でのレギュラーなので、
処置だけでなく別の角度からも覚えておきましょう。

白①のファールなので、攻撃側のマイナーファールになります。
前回の処置問題①の記事では、DFのマイナーファールを取り扱いました。
その時に合わせてAT側の処置も説明しましたが、覚えているでしょうか?

〇攻撃側の選手がゴール前方の、ゴールサークルの中心から11m以内の位置
〇攻撃側もしくは守備側の選手がゴール後方の、ゴールサークルの中心から11m以内の位置

の場合は「ゴールサークルの中心とファールの起きた位置を結ぶ線の延長が11mラインと交わる位置」
でフリーポジションでしたね。
そのため、選択肢AとBは消えます。
ではCとDはそれぞれ青①の位置は同じですが、白①の文面が違います。

実はこれがマイナーファールの処置で悩む人が多い部分なんです。
メジャーファールの時は、ファールをした人は真後ろ4mに立つので、一緒になって移動しました。

しかし、マイナーファールではボール保持者から位置関係を保ったまま4m離れるので、
処置された位置が11mラインとゴールサークル前では明らかに距離があるため、
わざわざ白①が動く必要はないんです。

そのため、順序としては
1、ボール保持者をスタートの位置に移動する
2、フリーポジションの位置の周りにいる選手を、位置関係を保ちながら4m離す

で終わりです。
メジャーファールとは違って、マイナーファールは「位置」で考えましょう。
図に表してみると、以下の通りです。(✖がファールの起きた場所)

上の順序でいくと
1、ボール保持者青①を延長11mラインに立たせる
2、青①の周りにいる選手(青チームも白チームも)は位置関係を保ったまま4m離れる

となるので、白①の場所を考えると位置関係を保ったまま4m離れる必要はないですよね。
そのため選択肢Dも消え、答えはCでした。
スポンサードリンク

ー【次ページ】問題5へ進むー

1 2 3

4

5

関連記事

  1. 【Staff Spotlight】酒井 あゆみさん|関西学院大学(女子ラクロス)

  2. 【女子ラクロス】2017年NCAA Championship動画まとめ

  3. 【Player Spotlight】小西那奈選手|NeO

  4. 【ラクロスのルール勉強】ラクロスルールBOTをフォローしよう!

  5. 【Player Spotlight】坂野 紗弥子選手|MISTRAL

  6. 【就活を頑張る大学3年生ラクロッサーへ】2017年大学4年生ラクロッサーの先輩の実状とアドバイス

  7. 【ラクロスが熱い!】ラクロスをやっていた芸能人まとめ

  8. 【Player Spotlight】北原 咲選手|ORCADEA

  9. 【Player Spotlight】多賀 麻文選手|NeO

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

Twitter でフォロー