【審判試験対策】女子ラクロス|処置問題③

今週末はいよいよ審判試験ですね!対策は捗っているでしょうか?
わからない問題をそのままにしておいたり、未定着のままだと正答率も下がります。
身近に審判員がいないチームの方は、女子ラクロスルールBOTのDMからご連絡ください!
問題の解説や質問も受け付けております。

では今回も5問あるので、早速挑戦してみましょう!

処置問題

問題【1】

11m扇内で白①がボール持ち、ゴールに向かって進んでいたが、守備側の青①がディテイニングを犯した。白①に最も近いハッシュは3番ハッシュである。

A、 白①がボールを持ち、3番ハッシュからのフリシューである。青①は白①の真後ろ4mに立ち、11m扇内とペナルティレーンをクリアにする。
B、 白①がボールを持ち、3番ハッシュからのフリシューである。青①は白①の真後ろ4mにに立ち、11m扇内をクリアにする。
C、 白①がボールを持ち、3番ハッシュからのフリシューである。青①は白①と位置関係を保ったまま4m離れ、11m扇内とペナルティレーンをクリアにする。
D、 白①がボールを持ち、3番ハッシュからのフリシューである。青①は白①と位置関係を保ったまま4m離れ、11m扇内をクリアにする。
E、 A~Dは全て間違いである。
スポンサードリンク

解説【1】

①誰の何のファール(メジャー、マイナー、ゴールサークル)か
②誰からボールがはじまるのか
③スタートの場所(処置)はどこか

ベースはこの3点を考えて自分で正しい答えを出してから、それに合う選択肢を探します。
もちろん、先に選択肢から見る方が解きやすい等、
自分に合ったやり方がある場合はそちらで構いません。

①・・・青①のディテイニングなので、メジャーファールですね。

②・・・メジャーファールなので、それをされた白①からボールが始まります。

③・・・11m扇内でのメジャーファールはフリーシュート(以下フリシュー)です。
最も近いハッシュは3番なので、そこに白①が立ちます。
またメジャーファールのため、犯した青①は白①の真後ろ4mに立ちます。

さて、フリシューの時に絶対に気をつけたいことは、
どこのハッシュから始まるかによって、クリアにする場所が変わることです。

ペナルティレーンとは、ハッシュマークに立つ選手を中心にした半径4mの円と、
ゴールサークルを接戦によって結んだエリアです(黄色線)。
ゴール裏もエリアの対象になることを覚えておきましょう。
(フリースペース・トゥ・ゴールの侵害の範囲は、ゴール裏は対象外です。ルールブックの図を見比べてみてください。)

今回の問題では、3番ハッシュなので11m扇内のみクリアにします。
①~③をまとめると、
・白①がボールを持つ
・青①は白①の真後ろ4mに立つ
・3番ハッシュのフリシューで、11m扇内のみクリアにする

となります。以上の条件より選択肢をみると、白①からボールが始まることはA~D全て正しいですね。
メジャーファールなので、選択肢CとDの位置関係を保ったままという部分は誤りなので、消えます。
そして選択肢Aのペナルティレーンは3番ハッシュには当てはまらないので、これも消えます。

そのため答えは選択肢Bでした。
フリシューの問題は、このハッシュが最重要といっても過言ではありません。
過去問でも「2番ハッシュ」「センターハッシュ」と、
ハッシュの場所を知っている前提で出題されるので、間違えずに覚えておきましょう。

ー【次ページ】問題2へ進むー

1

2 3 4 5

関連記事

  1. 【HOW I COACH】杉本美歩 ーMiho Sugimotoー

  2. 【ラクロッサーってどんな人?】特徴その1:超早起き

  3. 【ラクロスグッズカタログ】男子ラクロス|スティックヘッド①

  4. 【Staff Spotlight】光安 由佳さん|九州大学(男子ラクロス)

  5. 【ラクロスが熱い!】ラクロスをテーマとしたテレビ&映画

  6. 【Player Spotlight】白子 未祐選手|慶應義塾大学

  7. 【女子ラクロス】DF時の基本のポイントまとめ

  8. 【ラクロスのルール勉強】ラクロスルールBOTをフォローしよう!

  9. 【女子ラクロス】アップの際のパスキャッチメニューの紹介

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

Twitter でフォロー