【男子ラクロス】数字で見る!世界大会の歴史

2018年大会で第13回目となる男子ラクロスの世界大会。日本が男子ラクロスの世界大会に出場するのは、7大会目となります。
下記に世界大会の歴史をまとめました。

世界大会参加国数推移

1998年大会あたりから急激に出場国が増え、世界中でラクロスが発展していっていることがわかります。
(6月14日更新:参加国が48→46ヶ国に減)

過去世界大会のランキング一覧

【第1回】1967年 開催国:カナダ
出場チーム4カ国  優勝:アメリカ|準優勝:オーストラリア |3位:カナダ
【第2回】1974年 開催国:オーストラリア
出場チーム4カ国  優勝:アメリカ|準優勝:イングランド |3位:カナダ
【第3回】1978年 開催国:イングランド
出場チーム4カ国  優勝: カナダ|準優勝:アメリカ|3位:オーストラリア
【第4回】1982年 開催国:アメリカ
出場チーム4カ国  優勝: アメリカ|準優勝:オーストラリア|3位:カナダ
【第5回】1986年 開催国:カナダ
出場チーム4カ国  優勝: アメリカ|準優勝:カナダ|3位:オーストラリア
【第6回】1990年 開催国:オーストラリア
出場チーム5カ国  優勝:アメリカ|準優勝:カナダ|3位:オーストラリア
【第7回】1994年 開催国:イングランド (日本初出場6位)
出場チーム6カ国  優勝: アメリカ|準優勝:オーストラリア|3位:カナダ
【第8回】1998年 開催国:アメリカ(日本8位)
出場チーム11カ国  優勝:アメリカ|準優勝:カナダ|3位:オーストラリア
【第9回】2002年 開催国:オーストラリア(日本5位)
出場チーム15カ国  優勝:アメリカ|準優勝:カナダ|3位:オーストラリア
【第10回】2006年 開催国:カナダ(日本6位)
出場チーム21カ国  優勝: カナダ|準優勝:アメリカ|3位:オーストラリア
【第11回】2010年 開催国:イングランド(日本4位)
出場チーム29カ国  優勝:アメリカ|準優勝:カナダ|3位:オーストラリア
【第12回】2014年 開催国:アメリカ(日本8位)
出場チーム38カ国  優勝: カナダ|準優勝:アメリカ|3位:イラコイ
【第13回】2018年 開催国:イスラエル

スポンサードリンク

メダル獲得回数

(6月14日更新:参加国が48→46ヶ国に減)

1位 アメリカ 計12個|金9個、銀3個
2位 カナダ 計12個|金3個、銀5個、銅4個
3位 オーストラリア 計10個|銀3個、銅7個
4位 イングランド 計1個|銀1個
5位 イラコイ 計1個|銅1個
スポンサードリンク

開催地ランキング

カナダ 3回
アメリカ 3回
オーストラリア 3回
イングランド 3回
イスラエル 2018年大会にて初会場となる

ー【次ページ】日本の世界ランク推移ー

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

1

2

関連記事

  1. 【女子日本代表情報】インタビュー|田中希実選手のワールドゲームズに懸ける思い

  2. 【男子ラクロス世界大会】日本がプエルトリコに惜敗|まだBlue Division奪還のチャンスはあり!

  3. US Lacrosse LADM ー4歳から94歳までを巻き込むアスリートプログラムー

  4. 【他大から学ぼう】立教大学・女子|リクルーティング・新獲

  5. 【慶應義塾大学】Day2 現地レポート-UMASS Lowell-

  6. 【他大から学ぼう】慶應義塾大学・女子ラクロス|海外遠征

  7. 【NLL2017】Week17, 18ハイライト – レギュラーシーズン終了

  8. 【女子日本代表情報】インタビュー|竹村 薫選手のワールドゲームズに懸ける想い

  9. 【慶應義塾大学】DAY6 現地レポート ーオフー

  10. 【女子日本代表情報】インタビュー|権藤 眞美選手のW杯に懸ける想い

  11. 【東京大学男子】DAY3 ー現地レポートJohns Hopkins大学ー

  12. 2014年のMLLの決勝戦のコートで聞こえた『声』ーDenver Outlawsー

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー