【女子ラクロス】イングランド代表チームのサポート体制について

昨年開催されたW杯において、4位のオーストラリアと拮抗した試合を行いながらも見事勝利し、銅メダルを獲得されたイングランド代表。
銅メダルでは満足していないイングランド代表はすでに2021年のW杯に向けて始動しています。

2021年のW杯に向けた代表チームの主要メンバーが既に発表をされています。

National Team Director|フル代表

Head Coach(ヘッドコーチ) – Phil Collier
Coach(コーチ) – Kate Nelson-Lee
Coach(コーチ) – Michael Molster
Team Manager(チームマネージャー) – Lara Owen
Assistant Manager(アシスタントマネージャー) – Terri Dixon
Events / Fundraising Support(イベント&募金担当) – Polly Enevoldson

Physical Performance|フィジカル パフォーマンス

Head of Physical Performance(ヘッド) – James Wild
S&C Coach(ストレングス&コンディショニングコーチ) – Richard Lalor
S&C Coach(ストレングス&コンディショニングコーチ) – Tom McNabb
Physio(理学療法士) – Sophia Busfield
Physio(理学療法士) – Thomas Corbett
Doctor(医師) – Zain Haider

Team U23|23歳以下代表

U23 Head Coach(ヘッドコーチ) – Alex Carnegie-Brown
U23 Coach(コーチ) – Georgie Hurt
U23 Coach(コーチ) – Lucy Lynch

これからも引き続きのイングランド代表の活動にも注目です。

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. 岩本海介選手が7月22日(日)日本人初MLL(プロラクロスリーグ)の試合に出場

  2. 【Staff Spotlight】大坪 真歩さん|関西学院大学(女子ラクロス)

  3. 【Player Spotlight】寺西 志保美選手|FUSION

  4. 【男子ラクロス世界大会情報】開催前に起こった3大ドラマ

  5. 【男子ラクロス世界大会】決勝トーナメント2戦目:プエルトリコ

  6. 【NLL2017】Week1ハイライト

  7. ラクロスにおけるファストブレイクとは?

  8. 【こぶ平レポート】全日本ラクロス大学選手権・決勝の結果の考察

  9. 【女子日本代表情報】インタビュー|竹村 薫選手のワールドゲームズに懸ける想い

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー