【 英語×ラクロス】バックチェックを身につけよう!

ラクロスをやる上で英語をマスターして海外の動画を見る、記事を読むことはラクロススキルアップに欠かせないスキルの一つと言えるでしょう。
そこでラクプラではみなさんと一緒に簡単な英語の記事をもとに、英語の勉強をしながら一緒にラクロスの勉強をしていきたいと思います。

今回の例文はこちらから。
US Lacrosse MAGAZINEのオンラインで紹介されているラクロス記事を元に勉強を進めていきたいと思います。

引用:US Lacrosse MAGAZINE
https://www.uslaxmagazine.com/fuel/how-to/how-to-throw-a-back-check-with-jen-russell

ジェニファー・ラッセル選手に学ぶバックチェック|HOW TO THROW A BACK CHECK WITH JEN RUSSELL

英語の文を日本語に訳して行きたいと思います。
所々に読解のヒントを入れているので、ぜひ参考にしてみてください。

【英文】
Jen Russell, a defender on gold medal-winning U.S. World Cup teams in 2013 and 2017, shared two keys to executing the high-pressure defense that became a hallmark under former coach Ricky Fried: body positioning and footwork.

【日本語訳】
ジェニファー・ラッセル選手は2013年と2017年のワールドカップチームでアメリカが金メダルを取った際のディフェンダー選手であり、女子ラクロスアメリカ代表HCであったRicky Friedさんも太鼓判をおした『ハイプレッシャーDF』における2つのポイント「ポジショニング」と「フットワーク」をシェアしました。

executingの意味:execute(実行をする)の現在分詞系。
hallmarkの意味:性質優良の証明、太鼓判、折り紙つき

【英文】
Get those fundamentals down, she said, “and then opportunities will naturally present themselves for takeaways, forced passes and shots, and clean checks.”

【日本語訳】
下記の基礎を理解したら、「あとはバックチェックをやる機会は自然とやってくるので、パスやシュートに集中し、あとはクリーンチェックをしましょう!」とジェニファー・ラッセル選手はいいます。

fundamentalの意味:基本的な、基礎の
opportunities:opportunity(機会)の複数形

【英文】
1:Take position.

Get on the same side as the attacker’s stick.

【日本語訳】ポジションを取る。 アタッカーのスティックと同じサイドにポジションを取る。

asの意味
ここにくるasは前にくる語と後ろにくる語が同じ意味となる。
the same side = the attacker’s stickとなり、アタッカーのスティックと同じサイドとなります。

【英文】
2:Note where you are on the field.

If you are in the scoring area, prepare for a back check, knowing the attacker likely will shoot or pass.

【日本語訳】フィールドのどこにいるか確認する。
もし自分がスコアリングエリア(アタックがシュートを打てるエリア)にいるなら、アタッカーは多分シュートかパスをするので、バックチェックの用意をしましょう。

Noteの意味
紙のノート以外にも、「確認する」という意味がある。

【英文】
3:Watch the opponent.

Once she begins to rotate her body and pull her hands back, shift your focus to the head of her stick.

【日本語訳】相手を見る。
アタッカーが体を捻って手を後ろに引き始めたら、ステックのヘッドに注意をシフトする。

pull her hands back の意味
pullは引、her handsは彼女のスティックを、backは後ろに、となるので、彼女が手を後ろに引く、となります。例えば、pull your stick backだと、スティックを後ろに引いて、となります。

【英文】
4:Position your hands on the stick depending
on your proximity to the attacker. If trailing and unable to get close enough to choke up, place your hands lower on the shaft to extend your reach.

アタッカーとの距離によってスティックを握る位置を決めましょう。アタッカーから離れていて相手に詰め寄れない場合は、ステックの下の方を持ちリーチを伸ばしましょう。

【英文】
5:Maintain control.

Aim to hit the side of the head of the attacker’s stick.

【日本語訳】コントロールをキープする。
狙いを定めてアタッカーのスティックのサイドのヘッドをチェックする。

6:Box out and run through the dislodged ball.

ボックスアウト(ボールを相手に取らせないようなポジションを取ること)してこぼれたボールを取り走り抜ける。

いかがでしたか?
初めて知る単語はありましたか? 英語の文章は慣れることが大事です。
引き続き頑張ってラクロスを通して英語の勉強をしていきましょう!

The following two tabs change content below.
谷美熙

谷美熙

①つき ②武庫川女子大学 ③AW ④1年 ⑤今年でラクロスプラス学生リポーター2年目になります!皆さんの興味を引くような記事を書けるように頑張ります!

関連記事

  1. 【女子ラクロス】アップの際のパスキャッチメニューの紹介

  2. ラクロスプラス編集部おすすめ動画

  3. 【Dodge特集】Split Dodge特集①|Kyle Harrison選手編

  4. 【ロングDF向け】実践を意識したフットワークトレーニング

  5. ラクロスにおけるファストブレイクとは?

  6. 【男子ラクロス】パスキャッチの練習メニュー3種

  7. 【ラクロススキルアップ講座】『アーチ』&『クレイドル』について

  8. 【女子ラクロスのルールを徹底解説】安全を確保するためのファール処置

  9. 【ビギナー向け練習メニュー】練習メニュー①|男女ラク両方向け

  10. 【ラクロスのルール勉強】ラクロスルールBOTをフォローしよう!

  11. 【ラクロス×留学】オーストラリアでラクロス留学|オーストラリアのラクロスのレベル

  12. 【ビギナー向け練習メニュー】練習メニュー⑤|男女ラク両方向け

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー