切り返しが鋭くなる“ファンダメンタル・オブ・アスレティック・ムーブメント”

ボールキャリアでも、ノンボールキャリアでも相手を振り切ることで、試合を優位に運ぶために必要な“ダッジ”

しかし、ステップワーク練習をしていてもなかなか上手く相手をかわすことが出来ない。
そんな悩みを抱えていませんか?

今回はダッジを切るために必要な動きの要素を高める
ファンダメンタル・オブ・アスレティック・ムーブメントについてご紹介します。

ファンダメンタル・オブ・アスレティック・ムーブメントとは?

ムーブメントスキルを高めるためのトレーニングのこと。
ムーブメントスキルとは簡単に言うと、様々なスポーツの動きの基礎技術を向上させるトレーニングです。
ムーブメントスキルを向上すると、効率的に多方向への出力を向上させることが出来ます。

切り返しで多く使われる、横方向を極める

動きの基本方向には
①バーティカル:上方向
②リニアフォワード:前方向
③リニアバックワード:後方向
④ラテラル:横方向
の4つの方向がありますが、今回は切り返しで多く使われる横方向への出力を高める方法をご説明します。

どちらの方向に出力するにも股関節で発生したパワーを膝関節を通じて“押す”力に変えて、足関節を通じて、足部、そして地面へと伝えて加速する必要があります。なので大事なのは、股関節でちゃんと力を発揮すること。
股関節で力を発揮するとは、こんなイメージ。

この股関節で発揮した力を、膝関節→足関節→足部→地面へと伝えます。

脚の役割

横方向を極める上で知っておいて頂きたいのが、脚の役割。

行きたい方向にある脚を「フロントフット」
逆方向にある脚を「バックフット」言います。

ステップワークやラダーでバックフットをトレーニングする選手を多くみますが、フロントフットを練習する選手を、あまり見たことがありません。

しかし、フロントフットはパワーも大きく、可動性も高いので、大きく切り返しをしたいシーンでは、すごく重要な脚になります。

フロントフットを使いこなす

今回はフロントフットを使い熟すために基礎となる3つのエクササイズをご紹介します。

(1)ラテラル・フロントフット・スプリットスクワット

①壁に片手をつき、壁に対して真横を向いて、足を腰幅に開きます
②両脚のつま先を壁側に45°向けます
③壁を押すようにしながら、壁側の脚に体重を乗せます
④股関節、膝関節、足関節を同時に曲げ、壁側の脚でスクワットし頭を壁に突っ込むように、股関節、膝関節、足関節を伸ばします

<ポイント・注意点>
・腰がそらないように注意
・勢いよく、一気に地面を押す

(2)ラテラル・フロントフット・ロード&リフト

①ラテラル・フロントフット・スプリットスクワットの①~④の流れを実施します
②ラテラル・フロントフット・スプリットスクワットの④と同時に
壁から遠い脚を、壁に膝蹴りをするように引き上げます

<ポイント・注意点>
・腰がそらないように注意
・勢いよく、一気に地面を押す

(3)ウォール・ラテラル・エクスチェンジ

①ラテラル・フロントフット・スプリットスクワットの①②の流れで姿勢を作ります
②壁を押すようにしながら、壁に対して身体を傾け、壁側の脚を脛の高さくらいまで上げます
③勢いよく地面を叩くように、壁側の脚を下ろして地面を押し、
同時に壁から遠い脚を、壁に膝蹴りをするように引き上げます

<ポイント・注意点>
・頭が下がらないように注意
・背中が丸まらないように行う

まとめ

切り返しが鋭くなるための動きの基礎となるファンダメンタル・オブ・アスレティック・ムーブメントのフロントフットについて、お伝えしました。

様々な動きの引き出しを、カラダに覚えさせておくことで、自分が得意とするワンパターンのダッジだけでなく状況に応じて様々なダッジができるようになります。

自分の意図した方向に、正しく出力することができればディフェンスを置き去りにする、もしくはシュートを打つ空間を作ることができるとともに、ケガのリスクも減らすことが出来ます。

ラクロスのスキル練習の時間にプラスして、ムーブメントスキルの練習も是非取り入れてみてください。

皆さんのパフォーマンスが高まり、よりラクロスが楽しくなることを願っています。

この記事を書いた人


青山学院大学女子ラクロス部のストレングス&コンディショニングコーチ。ラクロスをはじめサッカー、野球、少林寺拳法、一般の方、専門学校の講師など幅広く活動。日本大学女子ラクロス部、女子クラブチームCHEL(チェル)、青山学院大学女子ラクロス部と、7年に渡ってラクロス選手へのトレーニング指導をしている。
森川稔之 Official HP → http://morikawatoshiyuki.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/women.lacrosse.training.ch/
LINE@:https://line.me/R/ti/p/@ody2123k
【森川コーチ主催】
アスリート向けに実施している「ステップワーク・ファンクショナルトレーニングを通じた『切り返し・俊敏性向上トレーニング』」グループトレーニングセッションを開催しています。
1回2000円でどなたでも参加することが可能です。
<開催日程>
2018/9/24(月祝) 19:00〜21:00
2018/10/25(木) 19:00〜21:00
2018/11/22(木) 19:00〜21:00
お申し込みはこちらより
https://business.form-mailer.jp/lp/164a609891947

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. ロールダッヂが上手くなりたいなら上半身を柔軟にしよう!!

  2. 【ビジョントレーニング】ラクロッサーに必要な『見る力』

  3. 【トレーニング】ゲーム感覚でできる体幹トレーニング

  4. はじめまして!村口尚美です!

  5. 救急箱に入れておこう!|万能の救急用品『三角巾』

  6. 【トレーニング】女子ラクロッサー向け|雨の日でもできる室内トレーニング方法

  7. はじめまして!TRの宮代祐希です!

  8. バック走が苦手な人必見!もうバック走でコケない為のラダー+コーントレーニング

  9. 切り返しに強くなりたいならこのトレーニングを!!

  10. ラクロッサーは腹直筋・腹斜筋が大事|家でできる10分間腹筋トレーニング!

  11. 【東京で試合や練習を行うチーム必見!】氷代を安く抑えるコツ|東京にある氷屋さん一覧

  12. ラクロスのフィジカルトレーニング(筋力編)

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー