【ビギナー向け練習メニュー】練習メニュー⑤|男女ラク両方向け

パス系ドリル【Long Passing Drills Matter】
このドリルではロングパスの練習です。少ない時間で多くのボールタッチの機会があるので基礎を固めたい今の時期におすすめです。

【ドリルの行い方】
①このメニューは一つのポイントにボールを2球使用します。
②両端のプレイヤーがボールを持ちP1はP2に、P4はP3にパスをしてスタートします。
③P2とP3はそれぞれにリターンした後、位置を変えて次はP4からP2、P1からP3へとボールを受けます。
④この繰り返しでしばらくしたら外側と内側のプレーヤーを交代します。
⑤パスキャッチミスをしても効率性を考えて、追わずに新しいボールをどんどん使うことをお勧めします。

【注意すべき点】
・ミスを恐れて足を止めたり、ゆっくりとメニューをせずに常にパススピード、動きの速さを意識する。
・試合を意識した貰い方、もらった後の動きを考えて様々なバリエーションで行う。

【発展、一年生に向けて】
・一年生に向けてメニューを行う際はこの距離を縮めて行うほうが良いと思います。
・このメニューが上達してきたら近いプレーヤーにパスをして始めるのではなく、遠くの方のプレイヤーにパスをすることに変更しても良いと思います。(図で言うとP1がP3に、P2がP4にパスをする。)

【コメント】
良く知られたメニューですが、一工夫することで少ない時間でも効率よくボールをより多く触ることができるメニューになっているのではないかと思い紹介しました。引用した記事の筆者はロングパスについて、普段練習ではせいぜい13~18m投げることができれば良いのですが、試合、特に素早く正確な切り替えやカウンター攻撃をするためには18~30mくらいのロングパスをする技術が必要だ。と言っています。また動きながら長いパスをするためには正確なフォームが身に付いていないとできないと思っています。なので基礎を固める、フルフィールドオフェンスで得点したいチームにとってロングパスは必要になってくると思います。そんなときにこのメニューを使ってくれたら嬉しいです!

【参考サイト】
http://www.laxpower.com/laxnews/news.php?story=49852&page=1

関連記事

  1. 【こぶ平レポート】クライマックスシリーズ19|第10回全日本大学選手権・男子編

  2. 🏆2017年W杯から学ぶ女ラクスキルアップ動画🏆ドロワー向け!

  3. 【女子ラクロス】壁当ての種類大全集|スティックワークUP

  4. 【女子ラクロスU19代表|選手紹介】山本 真菜美選手|慶應義塾大学所属

  5. 【女子ラクロスU19代表|選手紹介】安達 万奈加選手|横浜市立東高等学校所属

  6. 【FALCONS】DAY5 vs HOFSTRA UNIVERSITY

  7. 【こぶ平レポート】第10回全日本大学ラクロス選手権|3地区代表戦の歴史と予想

  8. 【Player Spotlight】藤原 郁美選手|北海道大学

  9. 【Player Spotlight】百田 茂実選手|九州大学

  10. 【関西大学女子】DAY4 vs West Chester&Cabrini University

  11. 【第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権】1回戦レポート|大妻多摩中高 vs 同志社高

  12. 【Player Spotlight】水野 果奈子選手|NeO