ゴーリー練習メニュー|リアクションスピードアップの練習

今回はゴーリーのリアクションスピード(ボールへの反応スピード)を上げる練習をご紹介します。

その①

【必要なもの・人】
ゴーリー1名
シューター1名
ゴール1台
ボール1個

【練習方法】
シューターがゴールの周りを歩きながらシュートを打つ。

【ポイント】
ゴーリーはポジショニングやフォームを意識しながらやる。
シューターはゴーリーのクロスをできるだけ動かすようにシュートをいろんな場所に打つ。




【スポンサードリンク】

その②

【必要なもの・人】
ゴーリー2名
シューター&フィーダー1名ずつ
ゴール2台
ボールたくさん

【練習方法】
1)ゴールを向かい合わせにしておき、一人ずつゴーリーがゴールに入る。
2)ゴールとゴールの間にシューターが入り、横からフィーダーがフィードを出し、シューターはどちらかのゴールにシュートを打つ。

【ポイント】
ゴーリーはどちらのゴールにシュートが行くかわからないので、常に動ける準備をしておく必要がある。また、ボールが動くごとにきちんとポジショニングや目線、自分の動きを意識する。
シューターはゴーリーを揺さぶる動きをすることを意識する。

是非参考にして練習してみてください!

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. 【受賞者一覧】第26回東海地区『女子ラクロス』リーグ戦ベスト12(1・2部)

  2. 【HOW I COACH】篠原 怜 ーRei Shinoharaー

  3. 【Player Spotlight】寺西 志保美選手|FUSION

  4. 【女子ラクロススキル】パスキャッチ練習方法まとめ(動画)

  5. 【HOW I COACH】今井彩乃 ーAyano Imaiー

  6. 【男子ラクロス】数字で見る!世界大会の歴史

  7. 【関西大学・女子】アメリカ遠征 DAY1〜3

  8. 【慶應義塾大学】DAY5 現地レポート-St.John’s-

  9. 【慶應義塾大学 女子】DAY 6 Daily Blog

  10. 【女子ラクロススキル】ドロワー必見!ドローワー向け練習方法

  11. 【こぶ平コラム】女子ラクロスのルール変化がもたらすU-19世界選手権への影響

  12. 【海外遠征/動画】慶應義塾大学チーム紹介 ープロフェッショナル仕事の流儀ー

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー