【3月3日ラクロッサー就活イベント】参画企業紹介|小野瀬自動車株式会社&茨城トヨペット株式会社

2018年3月3日(土)に開催されるラクロッサー向けの就活イベントの参画企業をご紹介します。
まずご紹介するのは
・小野瀬自動車株式会社
・茨城トヨペット株式会社
です!

小野瀬自動車株式会社

【企業名】小野瀬自動車株式会社
【企業理念】クルマの町医者として地域の方々のカーライフをトータルにサポートし地域社会へ貢献します
【事業内容】 自動車の新車・中古車販売、整備、板金塗装、レンタカー、保険。
【従業員数】18名
【本社】茨城県ひたちなか市高野667-5
【設立年月日】1954年9月
【代表者】小野瀬征也
【会社HP】http://onose.co.jp/
【会社SNS】https://www.facebook.com/onosemotors1954/

今回はラクロッサーであり小野瀬自動車株式会社・代表取締役小野瀬征也さんにお話を伺いました!


◆貴社は誰に何をしている企業ですか?
地域の個人、法人のお客様に対してカーライフサービスを提供しています。

◆いつこの会社に入社されましたか?
2016年6月に3代目の後継者として入社しました。
2007年3月専修大学卒(ラクロス)→
2007年4月SMBC日興証券入社→
2012年9月リクルートキャリア入社
2016年6月小野瀬自動車入社

◆貴社の “すごいところ” 教えてください
・創業64年の老舗整備工場で地域で一番の古株です。

・直近2年で売上が3倍。中途入社の従業員がすごい!
1、 大手レンタカー会社の店長(東京から家族4人で移住)。(32歳)
2、 ヴォルクスワーゲンの営業部長。(60歳)
3、 ヴォルクスワーゲンの工場長。(50歳)
4、 大手レンタカー会社勤務の敏腕ママさん。(31歳)
5、 ヴォルクスワーゲンの1級整備士、検査員。(30歳)
6、 大手中古車販売店最年少トップセールス。(25歳)
7、 大手美容室フロントスタッフ。(24歳)

◆あなたの新卒就活時の思い出を教えてください
・面接官に「あなたの事をよく知りたいのでどんなに時間がかかってもよいのでお話しください」というふりに対して90分間、
自分の生い立ちから就活に至るまでを話をしたら見事に!落とされました。。。

・ブックオフで見つけたサイバーエージェントの藤田社長の「渋谷ではたらく社長の告白」を読んで大学3年の9月から就活スタート。
ベンチャーを中心に経営者に話を聞きに行くことから始めたので「社会人で面白そう」と前向きに就活が出来ました。
落ち込んだ記憶はありません。

◆ご自身が新卒就活の時に声をかけるとしたらなんと声をかけますか
・就活中しか会えない人にどんどん立場を利用して会いにいけ!!

◆あなたが仕事において大事にしていることはなんですか?
当社にかかわる従業員、お客様、取引先がハッピーになる事。

◆スポーツ経験を教えてください
中学はソフトテニス。高校はバレー。大学はラクロスです。

◆趣味を教えてください
5歳の長男と2歳の娘に遊んでもらう事。

◆イベントに来られる方に向けて一言お願いします
今の立場を利用して好き嫌いせずとにかく社会人と会話を重ねて価値観を広げていって下さい。
ラクロス出身者は社会に出ても各方面で活躍しているので、
おそらく気になる企業にもいて、直接話が聞けるはずです。

ラクロス

めいくす

ふれんず♬

茨城トヨペット株式会社

【企業名】茨城トヨペット株式会社
【企業理念】 1.お客様と一生涯“笑顔”のおつきあい / 2.カーライフの“快適”と“安全”でお役立ち
【事業内容】トヨタ自動車の新車販売、各種中古車の販売、自動車整備、保険代理業、通信機器販売、レクサス事業 等
【従業員数】717名(2018.1.1現在)
【本社】茨城県水戸市千波町2028-1
【設立年月日】1956年11月1日
【代表者】代表取締役社長 幡谷定俊
【会社HP】 http://www.ibaraki-toyopet.co.jp/

今回は土浦並木店 高橋 那瑠さんにお話を伺いました!

◆貴社は誰に何をしている企業ですか?
茨城トヨペットは「お客様と一生涯“笑顔”のおつきあい」「カーライフの“快適”と“安全”でお役立ち」を基本理念にお客様お一人おひとりにあったおもてなしを社員一人ひとりが自ら考え自ら行動し、「誠実」「親切」「スピード」を社是とし、お客様に真にご満足頂ける優れた商品とサービスの提供に努め、お客様の要請・期待に応えることを第一と考え、公正で誠実な応対を実践し、お客様との絆を深め、カーライフを通してお客様と信頼関係を構築し、カーライフのパートナーとしていつでも、いつまでもすぐそばにいる存在として努める企業です。
また、環境対策や社会貢献にも尽力し、ハイブリッド車、低燃費車の販売、車検の入庫などを通してCO₂排出量削減に取り組み、また、クルマの販売、車検の入庫ごとに盲導犬基金を積み立てるなど、環境活動、社会貢献から「人と環境に優しいお店づくり」を推進している企業です。そして自動車保険などの「見守る保険」などの周辺商品、また安全装置搭載車の促進を通して高齢化社会への安全配慮にも取り組んでいます。

◆いつこの会社に入社されたのですか?
2014年4月1日に入社させていただきました。

◆貴社の“すごいところ”教えてください
当社には社員第一主義を掲げるビッグダディのような存在の幡谷定俊社長、地域社会からありがとうと言われる会社、そして何よりも仲間同士でありがとうと言い合える会社へとさらに高めようとしていらっしゃる幡谷俊一郎常務取締役がいらっしゃいます。
当社は現在、717名の社員がおりますが、幡谷社長は社員全員の名前を覚えてくださっていて、まさに我々社員の父であり、尊敬する存在です。また、社員の誕生日には必ずバースデーカードを送ってくださるなど、日々、社長の「愛」を感じております。
そして、幡谷常務取締役の仲間を意識した取り組み「GReeIN(グリーン)プロジェクト」では店舗が自主的にテーマを決めてメンバー全員で活動し、経営理念の具現化へ取り組む中で社員の主体性、やりがいがさらに高まり、また、社員同士が意識し合い、支え合う中で自然と笑顔が増え、お客様にも素敵な笑顔をご提供できるようになりました。
お二人の社員一人ひとりを大切にした経営により、笑顔が絶えないアットホームなところが当社の“すごいところ”だと私は感じております。

◆あなたの新卒就活時の思い出を教えてください
正直、当時の私はやりたいことも漠然としていて、とにかくいろんな企業の説明会に参加しました。しかし、目的も目標もないまま何かをしようとしても身が入らず、また、相手にも自分の気持ちはなかなか伝わりませんでした。なかなか自分の意思も固まらず、内定が頂けない不安な気持ちでいっぱいになっていた、そんな時に茨城トヨペットの説明会に参加することになりました。緊張で固まっていた私は採用担当の方に会場入り口でお出迎えをしていただき、お声をかけていただき緊張をほぐしていただいたことを覚えています。その後は就活生でありながら当社のアットホームな空気感に酔いしれ、最後まで自然体で参加することができました。私の一番の就活時の思い出としては、当社の説明会を終えた数日後、採用担当の方から直筆のお手紙をいただいたことです。説明会での居心地の良い空気感だけでなく、就活生に対してのおもてなしの心に感動し、人との繋がりを深く感じられる仕事がしたいと思えた瞬間でした。

◆ご自身が新卒就活の時に声をかけるとしたらなんと声をかけますか
自分に合う仕事なのかは、実際に仕事をしないとわからないと思います。まずは説明会や就職イベントなどに参加し、その企業の雰囲気を感じてみることが大切だと思います。仕事が始まれば、家族より長い時間を職場の方と共有しますので、自分が伸び伸びと仕事に取り組める環境で自分を磨いていけることがキャリアアップへと繋がっていくと思います。人との出会い、人との繋がりを意識した就活をして人生の財産のひとつにしましょう。

◆あなたが仕事において大事にしていることはなんですか?
私が仕事において大事にしていることは繋がりです。私は普段の営業活動においてこれをすれば何に繋がるのかなどを意識して考え、積極的かつ迅速に取り組むことを心がけています。それは店舗内での企画や提案も同じで、店舗装飾や自動車保険など周辺商品のご提供などについて店舗スタッフ間でのミーティングを定期的に開き、ご来店いただいたお客様に居心地が良いと感じていただけるおもてなしができるように何をすればよいか考え行動することで、CS向上へと繋がります。また、そのことによってお客様に新たなお客様をご紹介していただいたり、スタッフ同士も職種関係なく支え合い活動していくことで、人と人との繋がりが強固となり、輪が広がっていきます。幡谷社長がおっしゃる「1人の100歩より、100人の1歩」のように繋がりというものは何かを成し遂げるためにはとても大切なことだと思います。

◆スポーツ経験を教えてください
私はテニスをやっていました。今でも会社の方たちと月に1,2回集まり運動しています。

◆趣味を教えてください
私は繋がりを大切にしている影響で多趣味です。
最近では地元の青年会や、祭りの會に入会し地域活動をしたり、スポーツではテニスやスノーボード、ゴルフなどをしています。そのお陰もあって、交流も広がり、街中で声をかけてくれる仲間も増え、また、職場においても他店舗の方々に顔を覚えていただくことができました。

◆イベントに来られる方に向けて一言お願いします
私は、就活は出会いの場だと考えております。時代の流れの早い中で、自分に合った仕事を見つめることは決して簡単ではないと思います。その中で大切なことは人との繋がり、人との出会いです。先ずは、企業説明会や就活イベントに参加してきっかけを見つけてみてください。そのきっかけが、感動や共感、または、興味へと繋がるはずです。
仕事が始まれば、家族よりも長い時間、職場の方々と過ごします。自分が伸び伸びと仕事ができる環境でこそ、自分を磨くことができ、人との繋がりが深まり、人生の財産になると思います。心から尊敬できる仲間と出会い、いつまでも笑顔の絶えない環境でこそ、視野が広がり、考え方が変わり、ステップアップへと繋がると思います。そして、成長した姿で自分がお世話になってきた社会へと恩返しができると思います。
繋がりを大切にしていれば、このような未来の自分を思い描けるような、希望あふれる企業にきっと出会えるはずです。不安なこと、わからないことなどいっぱいあると思います。ですが、その気持ちはそのままにしないで、積極的に参加しスッキリしていきましょう。私も微力ながら、社会人の先輩として精一杯サポートさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. ラクロスとの出会い〜分析・実行・工夫〜

  2. 【全ラクロスチーム必見】TwitterのDM設定ちゃんとできてる??

  3. 【他大から学ぼう】立教大学・女子ラクロス|サブリーグ運営

  4. 【女子ラクロスグッズ】アイガード編

  5. 【男子ラクロス世界大会】イスラエル訪問時に使えるヘブライ語特集

  6. 【ラクロッサー×青年海外協力隊】桑山瑠美さん|ガーナ

  7. 【ラクロスグッズカタログ】男子ラクロス|スティックヘッド①

  8. 【ラクロッサーってどんな人?】特徴その3:面白い

  9. 日本のラクロスコーチの現状|アンケートから見えたコト①

  10. はじめまして!村松圭子です。

  11. 【差し入れ何持って行こう?】プレーヤー的もらって嬉しい差し入れ一覧(秋冬の試合編)

  12. 新ラクロッサーへメッセージ | Yoshie Nagaoka

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー