【こぶ平レポート】 2018年関東学生リーグ開幕戦|女子ラクロス

13日の男子戦に続き女子戦と、今季の展望、その他ラクロス裏話も少し。


13日に行われた関東学生リーグ女子一部 慶應義塾vs立教

戦前から、下馬評の高かった慶應義塾に対し2年生を多く組み込んだヤングクーガー立教が、牙を剥くのか?注目の一戦でした。
雷雨の影響で大幅に開始時間が遅れるなか、試合前に聞いた両チームのコーチ選手の印象は、種々の事態を想定して対応する(対応できるという意味だと解する)。
全体5試合トータルで考えるという慶應義塾と、若さがしっかりと勢いをつけル事ができれば4、3年生とリーグ戦を戦い抜けると考える立教との戦いは、現実には慶應のコーチの言われた、まずはリスクを取らない、おも苦しい雰囲気での試合に終始した。
お互いの長所短所を知り合うチーム同士の戦いは、1点を取り合う攻防というよりは1点を巡って長所を潰し合う試合を一枚上回った慶應が勝利を納めたという結果。
これをして、両チームの評価はしづらい試合でした。結果的に4:3 ナイターですから暑さ云々より、4時間の開始遅れが冒険よりも、予定調和的に動かせたのか?
そんな中、立教#1井上選手が果敢に仕掛け、慶應のDFをブレイクした姿は印象的でした。その分、2年生の4、7、16番といった選手がもっともっと仕掛けられたのではないか?挑戦者になりきれたのかなという疑問が残った分、立教の変化を期待したくなった。
慶應は慶應という安定感も、チャレンジャーの強い想いが揺るがせるとは思うのですが。それは12分4Qの間続けられるかがチャレンジャーの鍵だと思う。

そんな意味では、11日に東京農業を破った青山学院が「恐れを知らないチャレンジャー」として面白い存在なのかも知れない。
2012年その年は、慶應義塾が悲願の関東初制覇から一気に日本一へ上り詰めたのだが、最も苦労したのがファイナル4での対青山学院だった。
雨の中ラスト30秒で逆転されるまで、本当に飽くなきチャレンジを繰り返した青山学院が、その試合を観たこともない世代で甦って来るのも不思議な感じがしますが、覚えておかれるといいでしょう!
因みに準リーグ決勝では慶應を破っているのです。
その他、15日に行われた成蹊vs東京学芸は9対2と数字以上に成蹊が圧倒したが、明治、東海、日体大のファイナル4常連がひしめく中良い戦いを繰り広げそうだ。そういう意味では青山学院、成蹊が存在感を示した関東学生リーグ女子1部の勝敗予想は難しい。
ちょっとした歯車の合わさり具合で勝敗が代わりそうだ。そしてこの酷暑の中での女子ラクロスはWBTO(水分補給タイム)が真ん中で3分間取られることを考えると、12分の4Qの試合として戦ったチームが勝ちそうだ。4回のスタートで、どのようにリフレッシュするか?作戦の変更は?(チャンピオンチームはそのようです)
ゲームプラン見直しませんか?

ただ、慶應へのチャレンジという図式は変わらない!
慶應義塾の最終戦が早稲田である。その時何が起こるのか?

そんなリーグ戦 協会の示した、酷暑の夏のゲームのガイドラインについて話をしておきます!

ラクロス協会が公開したこの夏の試合実施のガイドラインは、一般に公開したという意味においても、日本のスポーツ団体として画期的でかつ、正しい姿勢だと考えています。


ただ、実際には実施に対する反発も多かったようです。会場の問題もあり反発の理由もそれなりにあると思いがちですが、実際に現場で体験する環境は例年の比ではない。
もし、何かが起こったら(熱中症で選手が倒れるというのではなく、お孫さんの活躍を見にこられたご高齢の方に異常が起こり、その模様が公開されるだけで)マイナーなスポーツだからこそ、マスコミ待望のNewsとなり得るのです。
ここで示された事は、コンプライアンスや、ガバナンスの面からも確実に履行されるべきです。(15日も当日の判断で2試合目がキャンセルされた事は良かった❗)
可能な限り、協会とは直接関係ない、Teens,Kidラクロスの練習においても、検討の基準にして欲しい。

健全なスポーツの体現がラクロスでありたいですね‼️

最後に、関東学生リーグ女子ラクロスは4部15チームまであります。先日駒沢女子大学vsフェリス女学院大学の試合を観たのですが、お互いの長所を発揮し合う、非常に面白い試合でした。
3部の優勝を争う上智vs玉川や、東京女子vs桜美林といった試合は戦術理解まで含めて戦う姿勢が、ラクロスらしく素敵でした。2部、1部になるに従い高度な戦術要求と確実な処理がベースとなるため、ややもすると、ロースコアの消耗戦になり勝ちです。
そういう意味でラクロスファンなら、3部、4部の試合もご覧下さい!お薦めします。

外伝
東海地区、九州地区学生女子ラクロスは過去にない、戦国時代に突入しています。関西地区女子も大阪教育大学から目が離せない❗

今年の女子ラクロス、全国的に異状あり❗

又お伝えします。

こぶ平

いやー 暑い🔥☀️ 暑すぎる_(^^;)ゞ。

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. 【女子W杯振り返り】日本代表の戦績まとめ|ラトビア戦

  2. 【Welcome to Club Lacrosse】松本 紗来良さん(MISTRAL)

  3. 【こぶ平レポート】キッズラクロスについてご紹介します!

  4. 【こぶ平レポート】クラブリーグ総括と全日本クラブ選手権の見方

  5. 【慶應義塾大学 女子】DAY 1 Daily Blog

  6. 🎥ラクロスプラスおすすめ1日1動画🎥女子ラクロス2017年7月分復習

  7. 【Player Spotlight】多賀 麻文選手|NeO

  8. 【慶應義塾大学】DAY8 vs Drexel

  9. 【女子W杯振り返り】日本代表の戦績まとめ|メキシコ戦

  10. 【慶應義塾大学】Day2 現地レポート-UMASS Lowell-

  11. 【Player Spotlight】春木 理沙選手|日本大学

  12. 【こぶ平レポート】新人学生ラクロス2ndステージウィンターステージが熱い

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー