【海外遠征】関西学院大学ラクロス部(男子)|帰国しました!

こんにちは。関西学院大学ラクロス部男子です。
11日にアメリカから無事に全員帰国しました!

今回の遠征を通して、これまでに感じた事のないハイレベルなラクロスを体感しました。

その中でも、自分達よりも格上の相手に対して、相手に臆することなく自分達のプレーをすることで、通用する部分は多くありました。
しかし、点差の通り、Division 1のホフストラ大学には、OF.DF共にレベルの違いを感じさせられました。このレベルの差を真摯に受け止め、更にレベルアップします。

また、海外遠征でとても感じたことは日本とアメリカの違いが沢山あった事です。設備の質や試合前の雰囲気が違いました。中でも、ラクロスの普及率がやはり違いました。アメリカでは、授業終わりの生徒が試合を応援しに来ていました。大学内で試合を行えているという事もありますが、関学内での認知度を上げてまずは学生から巻き込んでいく必要があると感じました。

これから学生日本一に向けて、最後の追い込みの時期に入ります。まずは、先日延期となった阪大戦を必ず勝利出来るよう取り組んでいきます。そして、1人でも多くの方に応援に来てもらえる用SNS等を利用し、ラクロス部の広報活動にも力を入れていきたいと思います。

是非スタンドに応援しに来て頂き、海外遠征を経て、様々な面でレベルアップした関学が学生日本一を達成する姿を目に焼き付けて帰って頂ければと思います!

関連記事

  1. 【こぶ平レポート】関西女子編|ウィンターステージの見どころ

  2. 【慶應義塾大学】DAY8 現地レポート-Drexel-

  3. 【Staff Spotlight】木下 結理さん|南山大学(女子ラクロス)

  4. 【Player Spotlight】田中 洋選手|SugarRays

  5. MLLとNLLのパートナーシップを考える② – Toronto Rock

  6. 【東京大学】DAY2 vs Georgetown University

  7. US Lacrosseの予算は年間20百万ドル – 日本のトップリーグ登録競技の予算規模上位と同規模

  8. 【試合日程&結果一覧】第24回関西クラブチームラクロスリーグ戦 男子(10月21日更新)

  9. 【競技人気シリーズ②】アメリカでラクロスはメジャースポーツになりうるのか?―3つの指摘

  10. 【ラクロススキル】ラクロスのダッジの種類大全集

  11. FALCONS 海外遠征 DAY2:vs BLUEEYES BEVERAGE

  12. 【こぶ平レポート】東海学生リーグ&関西学生リーグ決勝予想

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー