【こぶ平レポート】クライマックスシリーズ12|第20回全日本クラブ選手権準決勝の展望

第20回全日本クラブ選手権 準決勝が今週末開催されます。(無料のはずです)

今年の対戦カードは
男子ラクロス 
FALCONS(東日本1位) vs ACL(関西1位)
Stealers(東日本2位) vs ADVANCE-HANGLOOSE(東日本3位)

女子  ラクロス
NeO(東日本1位) vs NLC SCHERZO(関西1位)
FUSION(東日本2位) vs MISTRAL(東日本3位)    
となっている。

男子はFALCONSが君臨する形だが、女子も2010年から昨年までこの4チームが優勝チームとなっている、文字通り現在の日本のTop4対決。
女子は昨年、一昨年と久々に連覇を果たした、NeO中心に進行するはずだが、何かが起こりそうな予感が今年は漂っている。
男子も、FALCONSの君臨に正面から挑むチームも進化をしている。
新時代のラクロスが見られる、クラブラクロス選手権。勝手に予想をしてみた。


女子ラクロスの展望

FUSION vs MISTRAL    @千葉 フクダ電子フィールド 11/17 11時ドロー
両チーム、新世代のチームへの進化が進む中、Legendの選手がしっかりチームのスタイルの要となっている。しかも日本代表強化選手も多く輩出し、独自の進化に日々努力を重ねているだけにその結果は予想という次元を超えて、多々一つのミスや、スーパーセーブが鍵となる試合になるはずである。
タレントは多い。今はFUSION10番の高橋選手が乗りに乗っている状態。点も取れるし、ポストプレーも強い。しかもそれを取り巻くタレントはバラエティに富む。
キーマンは24番寺西選手になる気がしている。そろそろ得点力が爆発する頃だ。
MISTRALも又、色々なタイプのタレントが豊富で、パススピードで言えば、FUSIONを凌駕していると見る。しかし、相性が悪いのかここ数年FUSIONには部が悪い。
ポイントは、MISTRALのミスがなくなっているか?ショットの決定力が高まっているのか?
両チームゴーリーも優れているが、FUSION岩田選手の声の指示が勝負を決めているケースも多い。MISTRALの高橋選手も負けない声で、FUSIONの攻撃に備えさせれば、MISTRALの力も高いだけに、見ごたえのあるゲームになる事は間違いない。
正直お金を払っても見るべき試合である。
予想なんて無理だが、 敢ての8対8 同点延長から 最初の攻撃をゴーリーが止めたチームの勝ちと予想する。

NeO vs NLC SCHERZO  @大阪 ヤンマーフィールド長居 11/18 11時ドロー
ついに、Legendが引退され、新生SCHERZOとなったNLC SCHERZO 若手中心ながら、日本代表経験も豊富なゴーリーを要に、運動量の多いチームは昨年とそん色はなさそうだ。
対する、女王NeOは最もタレントの揃ったチームで、チーム創設からのコンビネーションも新次元に突入している感はある。
NLC SCHERZOとしては、オールコートの激しいディフェンスで攻撃のリズムを作らせない形からチャンスを的確に決める事がポイントになるだろう。
NeO96番ゴーリー白鳥選手は関東でベストセーブ王に輝くなど、その力はNLC SCHERZOの富田選手にも並びかけるようになってきた。

そういう諸々の条件を考えると NeOの優位は揺るぎそうにない。
敢ての 10対3 NeOが勝つと予想する。


男子ラクロス展望

Stealers vs ADVANCE-HANGLOOSE   @千葉
昨年のプレーオフでの対決から今年のリーグ戦、プレーオフで4戦、Stealersの4連勝だが、昨年プレーオフの26対6から今年のプレーオフは10対9と拮抗した物となり、ADVANCEの新旧が融合したラクロスは相手の隙というか虚を突く鋭さが出て、クラブ選手権での逆転も十分にあり得ると思わせるレベルになって来たと見ている。
Stealersのゴーリー、フェイスオフの選手が誰になるかは確実な情報はつかめていないが、それを加味してもクラブリーグプレーオフ以上に激しい戦いとなり、10対10からのサドゥン・ヴィクトリーとなる。

どっちが勝つかは、女神に知り合いが居るかどうかだ。

FALCONS vs ACL
2014年、2016年に準決勝(大阪)で戦った両チーム、いずれも接戦となり、FALCONSが勝ったもののシーズンでは最も接近した試合を余儀なくされている。
そういう意味からも、今年も接近した試合になりそうな雰囲気はあるが、1回戦のACLの試合を見る限りその差を逆転する力は足りないとみる。ただ、東京に来なかった切り札があったりすると、又面白い展開になる事が予想される。それでも今年は  14対7 でFALCONSの勝利を予想する。

連覇を阻止する力の、台頭を思わせる今年の全日本クラブ選手権。準決勝からが本当の戦い。「絶対に負けられない戦いがそこにある」

高度の技術 是非 現地で見て欲しい。

Enjoy Lacrosse(の予想)!

Lacrosse makes friends and players.

こぶ平

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. 【こぶ平レポート】プレシーズン振り返り②関東・あすなろ(女子)

  2. 【Player Spotlight】小川絵里子選手|NeO

  3. 【Referee Spotlight】 松本 早紀子さん

  4. 【こぶ平レポート】関東地区ラクロスリーグ戦|先週のドラマとこれから

  5. 【こぶ平レポート】女子ラクロスルネサンス!!

  6. 【こぶ平コラム】ラクロスが日本でスポーツとして認められる為に|その2:コンプライアンスを意識していますか?

  7. 【慶應義塾大学】DAY5 現地レポート-St.John’s-

  8. オーストラリア代表選手にみる女性ラクロッサーのキャリアモデル

  9. 【こぶ平レポート】ラクロス学生リーグ開幕の様子②

  10. 【海外遠征】東京大学女子ラクロス部|レポート(後半)

  11. 【Player Spotlight】岩本 海介選手|Stealers, MLL

  12. 【こぶ平レポート】全日本中学高等学校女子ラクロス選手権結果③

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー