オーストラリア代表選手にみる女性ラクロッサーのキャリアモデル

Photo by Akie Umeda

「女性」ラクロッサーであること。

これは全女性ラクロッサーがなんとなく気にかけていることですよね。

結婚もしたいし、子供も欲しいからそれも考えると・・・とりあえずラクロスは早いうちに結果を出さなきゃ!
子供ができたらラクロスできないし、結婚式では日焼けした姿は嫌だし・・・
あぁ色々時間がない!
今ラクロスなんてやっている場合じゃない!!

そのようなことを考えている女子ラクロッサーに1人のオーストラリア出身の女性ラクロッサーをご紹介したいと思います。
今回紹介したいのは Courtney Hobbs という選手です。

こちらの記事をご紹介します。
2001年からオーストラリア代表として女子ラクロスW杯に出場し、2017年のW杯まで5回のW杯を経験しているCourtney Hobbs選手。現在36歳。
2001年〜2017年の17年間の間に彼女は3人(現在6歳・5歳・2歳)のお子さんを出産しています。
ラクロスプレーヤーとしてのキャリア、母としてのキャリアを両方譲らなかったCourtney Hobbs選手。
世界中をみても彼女のような選手は稀です。が、存在はしています。
少なくとも2013年のW杯での年齢は32歳でした。そこからもう一度W杯を目指そう、と思い戦った選手がオーストラリアにはいました。
ぜひみなさんにはそのことを知っていただきたいなと思います。

http://www.news.com.au/sport/breaking-news/sa-great-courtney-hobbs-has-one-last-shot-at-lacrosse-world-glory/news-story/d160ea304b93bfa9affd91b611a858a2

現役フィールド選手として第一線で活躍しながらも、妻として母としても立派に役目をこなしている彼女。
ぜひ一人の女性ラクロッサーのロールモデルとしてみなさんにご紹介したいなと思いました。

The following two tabs change content below.
小野寺 ひより
ラクロッサー対象のオーストラリア留学エージェントのFUSION AGENTの代表。留学エージェントを主軸の事業とし、現在ではLacrosse Plusの運営も行っています。

関連記事

  1. 【男子ラクロス世界大会】日本からの審判派遣12名のご紹介

  2. 【全米大学男子ラクロス】チャンピオンシップトーナメント出場チーム決定

  3. 【Player Spotlight】井上裕理選手|NeO

  4. 【こぶ平レポート】東京六大学春リーグ戦から読み解く

  5. 【就活を頑張る大学3年生ラクロッサーへ】2017年大学4年生ラクロッサーの先輩の実状とアドバイス

  6. 【Player Spotlight】加藤佑奈選手|ORCADEA

  7. 【女子ラクロッサービギナー選手向け】ダッジの基礎知識|フェイスダッジの際のポイントとは?

  8. 【慶應義塾大学】DAY5 現地レポート-St.John’s-

  9. 【社会人女子ラクロス団体SELL】1/6(日)富士通スタジアムでCAMP&ラクロス体験会開催

  10. 【男子ラクロス世界大会】日本がスコットランドに快勝

  11. 【女子ラクロスU19日本代表コーチ・スタッフ紹介】サポートスタッフ|川口 ひかるさん ーHikaru Kawaguchiー

  12. ゴーリー練習メニュー|リアクションスピードアップの練習