【第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権】1回戦レポート|東京成徳大中高 vs 立命館宇治中高

こんにちは、こぶ平です。
春のラクロスのメインイベントである第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権が3月27〜29日まで富士通スタジアム川崎にて開催されました。
第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権1日目1回戦の様子をお届けします。
平成最後の全中高ラクロスは、「天気快晴なれど、冷風強し」という状況で、波乱が起こる事を予想させる初日となりました。今回の試合会場となった新しいラクロスの聖地になりつつある、富士通スタジアム川崎においては、今大会で3回目の開催となりました。

第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権の出場校は全国から集まった8校の参加となりました。


<東日本地区代表>
日本大学中学高等学校(関東秋季1部1位)
桐蔭学園中学高等学校(関東秋季1部2位)
東京成徳大学中学高等学校(関東秋季1部3位 前年度準優勝)
大妻多摩中学高等学校(関東秋季1部4位)
横浜市立東高等学校(東日本5位。前年度3位)

<西日本地区代表>
同志社高等学校(関西秋季1位 前年度優勝)
立命館宇治中学高等学校(関西秋季2位)
関西大学中学高等学校(関西秋季3位)  

第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権の1回戦の組み合わせは下記の通りです。 (Home→Awayの順に記載)
1) 日大中高     vs 横浜東高
2) 東京成徳大中高 vs 立命館宇治中高
3) 桐蔭学園中高  vs 関大中高
4) 大妻多摩中高  vs  同志社高

各試合毎のレポートをお届けします。

試合レポート|.東京成徳大中高 vs 立命館宇治中高


今年は、例年にも増して全国大会に強い気持ちで臨む姿勢をツイート等からも伺わせた立命館宇治に対して、秋の3位からの全国優勝を狙う戦いは、その思い通り、グラボでの奮闘を見せる立命館宇治の戦いぶりは前半においても、ゴール前での素早いターンから50番がショットを決めるなど躍動感のあるものだった。

最後はゴール裏からのフィードをクリアな得点に結びつける形にもなった立命館宇治。


対する東京成徳大中高は、ラクロスを良く知る選手の動きには落ち着きもあり、攻守の切り替えも素早く大学のチームを思わせるプレーで対応し、つけ入る隙をあまり見せない例年の強さを見せた。個々の技術の高さも見せて試合を支配したと言える。

最終的には14対2と東京成徳大中高が勝ち切るのだが、立命館宇治の小気味よい戦いぶりにはスタンドからも多くの拍手が送られた。

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事