【ラクロスの未来】オリンピックを想定した6-6のラクロスがアメリカで開催

先日アメリカでオリンピックを想定した試合が開催されました。
試合を行なったのは アメリカ代表 vs 女子ラクロスプロリーグ(UWLX & WPLL)選抜チーム が試合をし、ルールはかなり変則的なもので行われました。



人数:6対6
フィールドサイズ:通常のものより小さい
時間:8分×4本
特別ルール:45秒のショットクロック、ドローでの試合開始は最初だけで得点後はゴーリーから

上記ルールでの試合は、バスケットボールのような試合となり、今までのラクロスとは一味違った面白さがありました。
2028年のロスオリンピックではラクロスがほぼ確定!?などと言われており、その際にはどんなルールでのラクロスが展開されるかとても楽しみですね。

WPLL記事:https://www.prowomenslax.com/news_article/show/962179



The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事