【全日本ラクロス大学選手権大会】大学ラクロスの歴史まとめ

全日本ラクロス大学選手権大会。それは大学ラクロスチームの日本一を決める大会。
全国7地区(北海道、東北、関東、東海、関西、中四国、九州)のトップのチームがトーナメント制で戦い日本一を決めます。

※注)上記に記載した大学選手権の大会形式は例年の仕組みであり、今後変更される可能性もあります。

現在大学生のラクロスチームでは、2つのタイトルを目指し、獲得することができます。

1つはラクロス協会が主催している『全日本選手権大会』。社会人が多く所属しているクラブチームと大学のチームが戦い、日本にある全ラクロスチームが競う正真正銘の日本一のチームを決める大会。
もう1つは、このラクロス協会が主催している『全日本ラクロス大学選手権大会』。こちらは大学チームの日本一を決める大会。

2019年日本ラクロス協会公式の全日本大学選手権大会ページ:https://www.lacrosse.gr.jp/national/8460/

2019年大会をもって、男女ともに優勝回数が男子は早稲田大学がトップとなり、女子はトップが慶應義塾大学&関西学院大学と同率一位!
さて2020年大会ではどの大学が日本一となるのか、、、
乞うご期待!!!

男子ラクロス年別優勝チーム

2009年(第1回)一橋大学
2010年(第2回)早稲田大学
2011年(第3回)早稲田大学
2012年(第4回)慶應義塾大学
2013年(第5回)早稲田大学
2014年(第6回)慶應義塾大学
2015年(第7回)日本体育大学
2016年(第8回)慶應義塾大学
2017年(第9回)慶應義塾大学
2018年(第10回)早稲田大学
2019年(第11回)早稲田大学

男子ラクロス優勝回数ランキング

1位|優勝回数5回|早稲田大学
2位|優勝回数4回|慶應義塾大学
3位|優勝回数1回|一橋大学、日本体育大学

女子ラクロス年別優勝チーム

2009年(第1回)東海大学
2010年(第2回)日本体育大学
2011年(第3回)関西学院大学
2012年(第4回)慶應義塾大学
2013年(第5回)慶應義塾大学
2014年(第6回)明治大学
2015年(第7回)明治大学
2016年(第8回)関西学院大学
2017年(第9回)慶應義塾大学
2018年(第10回)関西学院大学
2019年(第11回)立教大学

女子ラクロス優勝回数ランキング

1位|優勝回数3回|慶應義塾大学、関西学院大学
3位|優勝回数2回|明治大学
4位|優勝回数1回|東海大学、日本体育大学、立教大学

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。