【男子ラクロス世界大会】日本がプエルトリコに惜敗|まだBlue Division奪還のチャンスはあり!

現地時間7月17日21:45(日本時間7月18日早朝3:45)に行われた決勝トーナメント2戦目のプエルトリコ戦。
プエルトリコは初出場ながらも相手がアメリカでのラクロス経験がある選手ばかりのチーム。完全に今大会のダークホース的存在です。そんなプエルトリコと日本代表が日本時間早朝に試合を行い、8-14で惜敗しました。
<内訳>
1Q 2-3
2Q 0-6
3Q 3-3
4Q 3-2

現状1敗はしてしまったものの、日本が目標としている5位以内はまだ届く可能性があります。
3勝すれば5位
2勝すれば5位or6位(Blue Division奪還!)

<今後の日本の最高シナリオ>
7月18日現地21:45(日本時間19日早朝3:45)スコットランド
勝てば
7月19日現地18:45(日本時間19日24:45)オーストラリアorイスラエルの敗者
勝てば6位以上決定(次回大会Blue Division返り咲き)
7月20日現地21:00(日本21日早朝3時)
アイルランドイングランドの勝者 vs イラコイプエルトリコの敗者
勝てば見事5位

日本代表はあと3試合試合をすることとなります。
頑張れ日本!!!

All Photo by Akie Umeda

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。