【女子ラクロス】イングランド代表チームのサポート体制について

昨年開催されたW杯において、4位のオーストラリアと拮抗した試合を行いながらも見事勝利し、銅メダルを獲得されたイングランド代表。
銅メダルでは満足していないイングランド代表はすでに2021年のW杯に向けて始動しています。

2021年のW杯に向けた代表チームの主要メンバーが既に発表をされています。

National Team Director|フル代表

Head Coach(ヘッドコーチ) – Phil Collier
Coach(コーチ) – Kate Nelson-Lee
Coach(コーチ) – Michael Molster
Team Manager(チームマネージャー) – Lara Owen
Assistant Manager(アシスタントマネージャー) – Terri Dixon
Events / Fundraising Support(イベント&募金担当) – Polly Enevoldson

Physical Performance|フィジカル パフォーマンス

Head of Physical Performance(ヘッド) – James Wild
S&C Coach(ストレングス&コンディショニングコーチ) – Richard Lalor
S&C Coach(ストレングス&コンディショニングコーチ) – Tom McNabb
Physio(理学療法士) – Sophia Busfield
Physio(理学療法士) – Thomas Corbett
Doctor(医師) – Zain Haider

Team U23|23歳以下代表

U23 Head Coach(ヘッドコーチ) – Alex Carnegie-Brown
U23 Coach(コーチ) – Georgie Hurt
U23 Coach(コーチ) – Lucy Lynch

これからも引き続きのイングランド代表の活動にも注目です。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。