【インタビュー】森松 達選手がラクロスブランドのTRUEアスリートに!TRUE Sportsにインタビュー!

みなさん、森松 達選手をご存知ですか?

森松 達選手は、早稲田大学出身で、2019年シーズンはStealersでプレー。
大学2年時は春の新人戦のあすなろカップで最優秀選手賞 、大学4年時には3年ぶりの早慶定期戦勝利、5年ぶりの関東学生リーグ戦、全日本大学選手権制覇、全日本選手権ではStealersに14-8で勝利をし、次戦の決勝のFALCONS戦は11-6で敗れましたが、この試合で森松選手は3点を決め、決勝戦のVPとなっています。大学時代の活躍も素晴らしく、社会人1年目はStealersで活躍。同時に2019年度男子全国強化指定選手団にも選出され、2020年の1月にはSpring Premiereにも出場を果たしています。
そんな彼の現在の挑戦はカナダでボックスラクロスをプレーしながら、ラクロスプレーヤーとして成長すること。
この挑戦については US LACROSSE MAGAZINE でも取り上げられています。

そんな森松選手の活動に注目したラクロスブランドがありました。ラクロスブランドの『TRUE Sports』です。
先日森松 達選手がチームTRUEプロアスリートになったと発表されました。

TRUE Sportsってなに?なんで森松選手がチームTRUEプロアスリートになったの?など色々疑問があると思います。
そこでみなさんの代弁者としてラクプラが直接TRUE Sportsにお話をきいてみました!!!

※事前情報:TRUE Sportsとは、何か
STXやWarrior、Cascadeと同じラクロスブランドです!
HPリンク:https://truesportslacrosse.com/

今回はTRUE Sportsさんに直接お話を伺ってみました!

▶︎森松選手との出会ったきっかけはなんでしたか?
森松選手とは、2020年1月にアメリカのフィラデルフィアで開催されたUS Lacrosse Conventionで、現TRUE アスリートである Dylan Maltz 選手とそのLaxConのキックオフパーティーにて一緒にいる際に出会いました。
その時に森松選手が実は昨年Dylan Maltz選手が日本にてクリニックをした際に日本でのクリニックサポートをしていたことを知りました。
(実は彼らは現在2月2日〜10日まで日本でクリニックを行っています。)

▶︎なぜ森松選手をTRUE アスリートに選ばれたのですか?
最も興味を持ったのは、森松選手がボックスラクロスをしにカナダへ渡ったということです。

アメリカでもボックスラクロスのスキルがフィールドラクロスの全体的なスキルアップのトレーニングに役立つと認識されてきていますし、そしてまた、そのボックスラクロスを日本人ラクロス選手がカナダに住んでラクロスをプレーしていること自体がとても興味深いと思ったからです。

森松選手がカナダへ渡ったこの挑戦の中でもとても感銘を受けたのは、この挑戦は彼自身の為だけではなく、他の日本人選手に刺激を与える意味もあるということや、森松選手が日本やアジアの選手のために北米でプレーをするという壁を打ち破り、そしてラクロスの価値を高めたい、という志を持っているということです。

※森松選手コメント
日本では、才能があってラクロスが大好きな選手の多くが大学卒業を機にラクロスを辞めてしまいます。そして日本ではラクロスはまだマイナースポーツの中の一つですが、私はラクロスはただのスポーツというもの以上のものがあると思っていますし、それを高いレベルの中で体感したいと思っています。そして日本人ラクロス選手として全力で海外でラクロスをして、どこまで通用するのかみてみたいと思っています。
このカナダでの挑戦は自分自身のためでしたが、合わせてこの挑戦が他の日本人を勇気付けることができると思っています。特に体格がよくない選手へ、、、

▶︎TRUEスポーツが森松選手に期待していることはなんですか?
TRUE Sportsではラクロスの発展をサポートしていきたいと考えており、森松選手はTRUEブランドはなにかということを伝えてくれる世界レベルでみて素晴らしい代表者だと思っています。TRUEスポーツは、森松選手の活動を支えたいと思っていますし、その彼のストーリーを伝えることによって、日本のラクロス選手を励ますきっかけになればいいなと思っています。

日本人選手の挑戦をサポートしてくれる海外企業がいるって素敵なことですよね!
ラクプラも世界で活躍する日本人ラクロッサーを応援したいですし、これからも森松選手の活躍を注目し続けていきたいと思います。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。