【新メンバー挨拶】山田 真由|中四国地区

これから第2期ラクロスプラス学生メンバーとして活動をするメンバーをご紹介します!
熱い想いを思ったラクロッサーがどんどん仲間となりラクロスプラス、よりパワーアップしていきます!!

山田真由|関西地区

【名前】山田真由(やまだ まゆ)
【所属大学】岡山大学
【ラクロス歴】2014年〜
【ポジション】DF

ラクロスが好きな理由

ずばり、「終わりがない」からです。
もっと上手くなりたいという気持ちが次から次へと溢れ出てきて、個人としてチームとしての成長に上限がありません。
この可能性無限大∞なところにラクロスの魅力を感じます。

また、全員が主役になれるのも好きな理由の一つです。
例えば選手と一括りで言っても、ゲームメイクが得意な人、フリシューを絶対決める人、インターが得意な人、ここぞという時にグラボーを取れる人…。
プレー以外でも後輩に一番慕われている人、気配りができる人、先のことを考えられる人…。

いろんな人がいます。一人が全部をやるのではなくて、自分の強みを各々持つことができる。それぞれが「ラクロス」に関して、《主役になれる時》があるからこそ、楽しいのだと思います!!
もちろんコーチやMG/TR、審判や運営も。関わり方がたくさんある分、誰にだってチャンスがあるのが面白いし、素敵だなぁと思います。

ラクロスにおける目標

私のラクロスにおける目標は、チーム以外でその「試合」に関わっている人にスポットライトを当てて、裏の仕事を知ってもらうことで、多くの人にラクロスへの興味を深めてもらうことです。

これは私が今回ラクプラに参加しようと思った動機でもあります。

有難いことにお誘いいただき、私は中四国地区の審判部で二年ほど派遣を担当していました。学生や社会人の審判員と連絡を取るとともに、大会運営側ともやり取りを重ねる中で気づいたことがあります。

それは一つの試合を執り行うために、多くの人の力が関わっているということ。

皆さんは、会責やFDがどんな仕事をしているか知っていますか?審判が何を考えて試合に臨んでいるか聞いたことはありますか?正直私も知らないことが沢山あります。せっかくラクロスに出会ったのだから、色んなことを知ってもっと見聞を広めていきたいです!一つの試合にかける様々な思いを、記事を通してお伝えできればと思います。

全国のラクロッサーへメッセージ

ここまで目を通していただき、ありがとうございます。
改めまして全国のラクロッサーの皆さん、初めまして!
第2期の「2期」として今回学生レポーターで活動させていただく、山田真由です。

岡山大学で先日選手を引退し、今後は審判の活動を続けていこうと考えています。(関西で活動予定なので関西の方々よろしくお願いします…)
選手として、審判として駆け抜けた四年間。
私はエースでも、チームの中心人物でもありませんでした。良くも悪くもTHE普通のプレーヤー。

ですが、入部当初と今では全然違う「私」がいると胸を張って言えます。ラクロスを通していろんな人と出会い、様々な方面から関われたことが自分にとって成長の糧になりました。魅力溢れるこのスポーツをいろんな人にもっと「深く」知ってもらいたい。それはもう見えるところから見えないところまで…(笑)

「ラクロスってどんなスポーツなの?」

よく言われる言葉ですね。
こんなにかっこいいのに!楽しいのに!奥が深いのに!
人に伝えるって難しいですよね。
ならば誰が見てもラクロス面白い&興味が持てる&しかもタメになる!情報で、「ねえこの記事見てみて〜」的な感じで取り込めることを期待しています。

ラクロッサーにも、ラクロスを知らない方にも「ラクロスってかっこいいな!」と思っていただけるように、これから頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。



関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。