【ゴーリー】海外ゴーリー選手のかっこいいシーンまとめ

今回は海外のかっこいいゴ―リーの動画を紹介します!

ゴ―リーは男子の場合は速さが時速160kmショット、女子の場合は至近距離からのショットへの対応が求められます。それぞれのショットにどのような対応をしているのか、是非注目して欲しいです!!

Andrew Skibniewski

ラクロスの魅力のひとつはスピードです。ボールの展開、つまり局面の展開がとても早い!!だからこそゴ―リーは早いパス回しや、フィールドの位置や状況に応じていつ打たれてもいいように正確なポジショニングをとらなくてはなりません。

Andrew Skibniewski という選手は左利きで、ゴ―リーの基礎であるポジショニングを極めた彼のプレーがとても見どころです!

John Galloway


John GallowayはMLLのゴ―リーです。

ゴ―リーセーブは試合の流れを変える重要な攻撃の起点です。セーブ後、素早くパスを繋ぐことでファーストブレイクという得点のチャンスを作ることができます。セーブ後のDBに対するDFの反応の素早さも魅力的です!

 

UNC Women’s Lacrosse


女子は至近距離からのショットが特徴的なため、打たれてから動くとクロスが間に合わなくなります…。そこで、シューターの視線や、癖、足の向きなど観察し予測してセーブしたりしています。

College Highlights

最後に海外の大学生であるゴ―リーのプレー紹介です。

ゴ―リーは、チームの司令塔となる存在です。

チームの勝利にはゴ―リーが握っていると言っても過言ではないですね!

今回紹介した動画を見てゴ―リーの魅力が少しでも伝わると嬉しいです!!

The following two tabs change content below.
清水優菜

清水優菜

学生レポーター
[ 救急インストラクター・B級指導者認定取得] ①名前(コートネーム):とと or きゃさりん ②所属チーム:神戸学院大学女子ラクロス部 ③ラクロスのポジション:G ④ラクロス歴:2年 ⑤一言メッセージ:学生レポーター2年目。今年は去年よりさらにLACROSSE PLUSを盛り上げていきます!!

関連記事

  1. 【こぶ平レポート】東日本クラブリーグプレーオフの熱い戦い

  2. 【女子ラクロスU19日本代表コーチ・スタッフ紹介】ヘッドコーチ|庄子 寛之さん ーHiroyuki Shojiー

  3. 【新入生向け女子ラクロスルール紹介】試合時間について

  4. 【インタビュー】岩本海介選手 – Denver Outlaws|ラクロス界で日本人初の偉業達成の裏側②

  5. 【2018年全日本選手権大会】結果・スケジュール一覧

  6. 【ラクロスのルール勉強】ラクロスルールBOTをフォローしよう!

  7. 【女子ラクロスU19代表応援企画】4月20〜21日の練習会レポート

  8. 【東京大学】DAY2 vs Georgetown University

  9. 【男子ラクロス世界大会】2018年男子ラクロス世界大会が無事全日程終了

  10. 【Player Spotlight】神戸大学|権藤 眞美選手

  11. 【ニュース】関西Bリーグ(学生・男子ラクロス)情報がラクプラにてフォローできます!

  12. 【こぶ平レポート】女子ラクロスU19日本代表にエール①!!