【慶應義塾大学】DAY7 vs Rutgers

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは、慶應義塾大学男子ラクロス部です。

7日目はRutgersとの試合でした。

《試合結果》
1Q 1-6
2Q 0-5
3Q 0-6
4Q 1-1
Total 2-18

《慶應スコア者》
AT#9 野上力
MD#42 田中聡貴

《試合概要》
img_4352

第1Q開始直後、相手の#3や#23の鋭いショットに圧倒され、なかなか得点につなげられない慶應は失点が続きます。

しかし、DF#6荻野裕貴のナイスパスカットからボールがつながり、試合の流れはAT#9 野上力の左上からの力強いショットが決まったことで本日初得点となりました。
またクリース前でのLMF#17河村剛志のナイスパスカットや、Rutgers大学#23から放たれたスピード感のあるショットをG#2杉本健がセーブしたことにより、慶應のオフェンス陣にチャンスを与えます。

ディフェンス陣の目に止まる活躍があったものの、Rutgers大学から繰り出される鋭いショットに慶應の次の得点に繋げることができず1-11で前半終了となります。

Rutgers大学にレフティーが多いことを意識したディフエンスに切り替える声がチーム内で上がり、後半戦が開始となります。
第3Qは得点を決めることができませんでしたが、続く第4Qでは、慶應のタイムアウト明け直後、MD#42田中聡貴のクリース前からのランシューが鮮やかに決まったことで、第2・3Qと失点が続いたチームの雰囲気を取り戻します。

第4Qは1失点に抑えられたものの、クオーターラスト3分、慶應のスラッシングによるマンダウン状態が発生し、そのまま相手の勢いに圧倒され試合終了となりました。

宿泊先のホテルでは、強豪校選手のプレーや、自身の反省を次の試合に活かすために動画を見直す選手の姿が見受けられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Keio University Mens Lacrosse Club

Keio University Mens Lacrosse Club

投稿者プロフィール

選手141人/スタッフ20人

〈戦歴〉
2010年 第23回関東学生リーグ戦1部Bブロック3位
2011年 第24回関東学生リーグ戦ベスト4
2012年 第25回関東学生リーグ戦優勝
     第4回全日本大学選手権優勝
     第23回全日本選手権準優勝
2013年 第26回関東学生リーグ戦1部Aブロック3位

2014年  第27回関東学生リーグ戦優勝
     第6回全日本大学選手権優勝
     第25回全日本選手権準優勝

2015年  第28回関東学生リーグ戦準優勝

この著者の最新の記事

関連記事

オススメ記事

  1. 以前このTeam Hub(チームハブ)をご紹介してから数多くの問い合わせ&ダウンロードがあるそうで、…
  2. こんにちは。ラクロスプラスです! 今までラクロスプラスで学生の編集長&レポーターを募集をしてお…

カテゴリー

Follow us on twitter

人気の記事

ページ上部へ戻る