【女子ラクロス1年生必見】ラクロスは基礎中の基礎が一番大切!握る投げる取る!

こんにちは、岩瀬あすかです!
今回はラクロスの基本について記事を書かせていただきます!

ラクロスの基本、それは、
・クロスの握り方
・パスの投げ方
・キャッチからパスへの移行

について話します!
「えっ、今更?」と思う方もいると思いますが、基本ってこれからラクロスを続けていく上でとても重要になってくると思います!なぜかというと…変な癖がつくと直りにくいからです!!なので、今日お話する3点が出来ている方も、まだちょっと不安な方もどうぞおつきあいください!

まず最初に…クロスの握り方

【ポイント】
① クロスはギュッとと握らない
② 手首を柔らかく使う
→自在にパスを出すことが出来るようになる、また強いシュートを打てるようになる!!

逆に手首をロックしてしまうとどうなるか…
→手首の動きが制限され、パスを出来ない方向が出来る、また下半身や腕の降りで生まれたパワーをうまくボールに伝えることが出来なくなってしまいます

またボトムに自分の肘をつけて指の先の位置でクロスをもつと投げやすいです!

次に…パスの投げ方

【ポイント】
① ボールは上ポケットに
② ヘッドにボールが転がる感覚をつかむ
③ 最後に加速
→最後まで全身のパワーがボールに伝わるようになる!!!速いパス、速いシュートにつながる!!
海外のトップ選手の動画などを見るとヘッドの先端からでて、全身のパワーを伝えたボールが投げられています!
以上の二つについてとてもお手本になる動画があるので参考にしてください!

次に、キャッチのポイント!

① ボールの方向にクロスの面を向ける
② ボールがクロスに入ったと同時にボールの勢いを吸収
(この際自分からボールを取りに行かない、ボールが来るまで待つ)
です!私はポイントの②が出来ていなくて、いつも育成の方から注意を受けています。笑(これから直します)キャッチをするときに巻き取る癖がついてしまうと直りにくいので、心当たりのある方は早めに直しましょう!!!

今回の記事はこれで以上になります!この記事を書いてから、私自身今まで以上にポイントを意識してやって見たところ、特にパスが上達したのを自分で実感できました!この記事のポイントを意識していただけるとうれしいです!!最後までおつきあいくださった方ありがとうございます!!

次回もお楽しみにしていただけるとうれしいです!!!

The following two tabs change content below.
岩瀬あすか

岩瀬あすか

学生レポーター
①名前(コートネーム):きゃん ②所属チーム:日本大学 ③ラクロスのポジション:MF ④ラクロス歴:1年 ⑤一言メッセージ:こんにちは!日本大学女子ラクロス部所属新2年のきゃんです!今年で学生レポーター2年目になります。まだまだ未熟ものですが、温かい目で見守ってくだされば幸いです!!皆さんの興味を引く記事を発信していきたいと思っています!よろしくお願いします!!!

関連記事

  1. 【文武両道系ラクロッサー】谷口 理歩さん|東京大学(女子ラクロス)

  2. 【インタビュー#6】関西学院大学 女子ラクロス部2016年度主将|成地夏美さん

  3. 【女子ラクロス】壁当ての種類大全集|スティックワークUP

  4. 【Player Spotlight】大川 祐季選手|立教大学

  5. 【Welcome to Club Lacrosse】向山祐未選手(北海学園大学出身)|Vitoriosa

  6. 【Staff Spotlight】酒井 あゆみさん|関西学院大学(女子ラクロス)

  7. 【Player Spotlight】竹村 薫選手|慶應義塾大学

  8. 【Player Spotlight】月木 麻由選手|東海大学

  9. 【第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権】1回戦レポート|桐蔭学園中高 vs 関大中高

  10. 【こぶ平レポート】春の関東中高ラクロスリーグ戦予選リーグ今週で終了

  11. 【第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権】準決勝戦・2試合のレポート

  12. 【こぶ平レポート】週末のラクロスから全国が見えた③(クラブリーグ)