【競技人気シリーズ①】ラクロスは西海岸で爆発的に人気上昇中!

全3回にわたってラクロス競技人気に関する記事翻訳をアップしていきます。

西海岸といえばシリコンバレー、現代社会文明の発祥の地ともいえます。そんな場所でいまラクロスが熱いスポーツとして、ユース世代に人気があります。今日は西海岸でのラクロスの広まりについての記事を紹介します。Virginia卒で2003年のTewaaraton Trophy(いわゆるNCAA MVP)を獲得し、ADVNC Lacrosse(*1)の創設者であるChris Rotelliへのインタビューが中心です。

(*1)主にカリフォルニアでのラクロストレーニングプログラムを提供する会社

Chris Rotelli

西海岸でのラクロス人口増加の要因は、MLLのチーム設立と(現在は解散)、プレーヤーの移住、そのプレーヤーによる普及活動になります。以前のコラムで紹介した記事(参考:Major League Lacrosse 15年間の歴史は成功したといえるのか?-飛躍への課題と解決策)でも指摘がありましたが、パートタイムプレーヤーだとなかなかプレーヤーの移住は実現しませんが、地域に根差したプロプレーヤーの活動が、競技人口獲得につながったよい例だと思います。

Lacrosse Shines in the Golden State

下記記事はLuke Hitchcockの記事の私なりの意訳ですので、詳細に関しては原文をご覧ください。

ラクロスのカリフォルニアでの広まり

アメリカ北東部、特にニューヨークとメリーランドは典型的なラクロスの温床だ。Brian Coughlinは2013年のカレッジラクロスプレーヤーの13.9%がLong Island出身であると報告した。しかしいま注目はカリフォルニアだ。カリフォルニアは、2014年のUS Lacrosse Participation Surveyでユースとハイスクールでのプレーヤー増加が顕著である州のひとつに選ばれた。ミシシッピ川以西でのラクロスの繁栄は2015 NCAA ChampionshipでDenver Pioneersが勝利を収めたことやUSC Women’s programの拡大などにみられる。2016 MLL-All-Star GameはカリフォルニアのFullertonで開催された。

カリフォルニアのラクロスの成長には、天気、地元のコーチや経験者のナレッジなど、たくさんの理由がある。西海岸のラクロスのナレッジと認知度には、MLLのSan Francisco DragonsとLos Angeles Riptideが招致され、プロプレーヤーが移住してきたことが貢献している。その一人に素晴らしいMFとしてのキャリアを持つChris Rotelliがいる。MLLのキャリアを経て、彼はいま西海岸のラクロスの成長に力を入れている。Rotelliは素晴らしいプレーヤーたちを輩出することになるADVNC Lacrosseを創設した。

「私は私が育ってきたRhode Islandとカリフォルニアに共通性を見出している。両地域ともアスリートが輩出されるような伝統的な環境はないことから、両地域で育った人はフラストレーションが溜まっている。私がハイスクールの頃は、多くの人から、私はカレッジではプレーできないといわれた。ニューヨークやメリーランドのプレーヤーのほうが上手いに決まってる、と。それを反骨心として努力したし、コーチとして今のカリフォルニアのプレーヤーに接している。」

ADVNC

Rotelliは競争社会で育ち、それがADVNCをスペシャルなものにしている。

「私が移住した2004年ころのカリフォルニアのラクロスは今よりも小さな規模だった。Cascade(*1)での私のジョブタイトルのひとつは”Game grower”だった。Cascadeは文字通り、私に練習やイベントに顔を出してラクロスのゲームとは何かを教え、多くのラクロスプレーヤーを作ることを求めた。その時私はCascadeで初めてのミシシッピ川以西のスタッフだった。そして今ではラクロスはカリフォルニアで広まり、ほぼ全てのキッズがラクロスをプレーしている。今も昔も変わらないのは、カリフォルニアの住民はとてもサポーティブだということだ。」

(*1)ラクロスのヘルメットをメインに取り扱うスポーツブランド

Rotelliは2006年にSan Francisco Dragonsに移籍する。

「サンフランシスコでプレーすることは一番面白かった。素晴らしいチームで、結束しており、ファンが何よりも素晴らしかった。」

ADVNCは、DenverやHarvardなどのラクロスエリート校にプレーヤーを輩出することで、その評判を急速に広めた。

今後数年間でカリフォルニアから輩出されるカレッジラクロスプレーヤーは劇的に増加すると私は考えている。ユースの人数は圧倒的に多く、レベルも高い。10年以内にDivision1のプログラムがカリフォルニアにできることを期待している。それはラクロスを一つ次元の高いレベルに引き上げる。フットボールのない私立がラクロスチームを持たない理由がない。Pac-12のようなフォーマット(*2)は素晴らしいが、Denverのようにフットボールのないモデルでも十分だと考える。」

(*2)NCAAのDivision I Conferenceの一つ。バスケットボールとフットボールの名門校が多く存在する。

ラクロスはカリフォルニアで広まっているし国全体にも広まっている。Rotelliなどのプレーヤーがラクロスを西海岸に広める先導役となっている。

関連記事

  1. 【女子W杯情報】対戦相手について|4戦目:スペイン

  2. Playing Lacrosse in Japan

  3. NLL2017シーズンプレビュー(12月29日開幕)

  4. こどもにいいスポーツの習い事、なにかないかな。。。ラクロスでしょ!

  5. ロシアとラクロス①(サンクトペテルブルク編)

  6. English Lacrosse Associationの戦略 – 2013-2017戦略プラン

  7. 2016-2018 US Lacrosse Strategic Plan

  8. NCAAラクロス(男女)の基礎知識

  9. 【競技人気シリーズ②】アメリカでラクロスはメジャースポーツになりうるのか?―3つの指摘