【海外ラクロスコラム】オーストラリア現地コラム【ひさのララララリア!!】

(All Photos by 梅田 朗江 / 2017年世界大会)

こんにちは!豪メルボルン在住のひさのです。

4月からシーズンに突入したオーストラリアのラクロス。

毎年多くの有名選手を輩出しており、日本でも海外遠征で選ばれる人気の国のひとつでもあります。

オーストラリアでラクロスが盛んなのは知ってるけど、実際どのくらい有名なの?

どんなリーグ形式なの?
どんなチームがあるの?
どんな練習してるの?
キッズラクロスってどんなの?
などあまり知られていない情報を現地から月1で発信させて頂きます!

本題に行く前に前情報。
みなさんご存知かどうかわかりませんが、オーストラリアはスポーツ大国です!

ラグビーやテニス、バスケットボールから日本であまり馴染みのないネットボールやクリケット、フッティーまで、年がら年中老若男女問わずプレーし、熱狂的に観戦しているのをよく見ます。

わたしの周りにもソーシャルクラブで友達になったおじいちゃんが常に大好きなフッティーのチームグッズを身につけていたり…チームメイトにもラクロスの練習後、「ネットボールの練習行ってくる!」とそそくさと帰って行ったり…
みんなスポーツが生活の一部になっています!!

第1回:AUSラクロス、基本の「き」!

オーストラリアではラクロスはマイナースポーツと定義されています。

また一口にラクロスと言ってもさまざまなカテゴリーに分かれています。

  • 男子ラクロス(シニア、U18、U15)
  • 女子ラクロス(シニア、U18、U15)
  • ボックスラクロス(インドアラクロス)

※ここでいうシニアは日本で言う大人のラクロスのことを指します。18歳以上の選手はシニアリーグに出場します。

ボックスラクロスとは
フィールドラクロスの室内バージョンで、チームはプレイヤー5人、ゴーリー1人で構成される。
2003年から始まった4年に一度開催されるワールドインドアラクロスチャンピオンシップではオーストラリアも参加しており、2019年の大会では21国中9位でした。(1位はカナダ)

こちらの詳細は次回別記事にてご紹介します!!

 どのくらい強いの?

4年に1度行われるワールドラクロスチャンピオンシップ(シニア&U-19)を例に見ていきましょう!! 

 女子

シニア女子メダル獲得数 (1967- 2018)

1986年と2005年の2度優勝しています。

U-19 女子メダル獲得数 (1995- 2019)

U-19女子も1995年に優勝しています!

 男子

シニア男子メダル獲得数 (1967- 2018)

U-19 男子メダル獲得数 (1988-2016)

1992年と1996年に準優勝!


ちなみにシニアの次の世界大会は女子は来年2022年アメリカのTowson、男子は2023年アメリカのロサンゼルスで開催されます! 男子U19の世界大会は女子のシニア世界大会と同年の来年2022年にアイルランドにて開催されます!

 いつからシーズンなの?

オーストラリアのラクロスシーズンは4月から9月(秋〜冬)です。

また以下のように大会が開催されています。

サザンクロストーナメントとは
毎年1月に開催される、世界中のチームが参加する大会。

もちろん日本からも毎年多くのチームが参加しており、2016年と2017年は関東のチームが優勝しました!!

 どの州がいちばんラクロス盛り上がっているの?


どの州も毎年クラブ地区リーグは白熱した試合が見れますが、ALAによるとメルボルン、アデレードまたパースが中心となっているとのことです。

また日本で関東地区、関西地区など分かれているようにAUSラクロスも以下の地区に分かれています。

気になるあなたは各リンクをクリック!!
また近々わたしも所属するヴィクトリア州のチームを別記事にてアップします!

 さいごに…

いかがでしたでしょうか?
これを読んだあなたはもっとAUSラクロスを知りたくなったはず!!

今回は概要のみの紹介でしたが、今後もっと踏み込んだトピックをお届けします!

それでは次回もお楽しみに!!

参考
Australian Lacrosse Association http://lacrosse.com.au/
Lacrosse Victoria http://lacrossevictoria.com.au/
Australia Lacrosse Wiki https://en.wikipedia.org/wiki/Lacrosse_in_Australia
World lacrosse championship Wiki https://en.wikipedia.org/wiki/World_Lacrosse_Championship
Australian Box lacrosse https://australianboxlacrosse.com/
National Participation Framework http://lacrosse.com.au/media/220783/ala-participation-framework-2021.pdf

この記事を編集した人:さとうひさの
関西外大卒/ SELFISH, BRISK所属
2020年オーストラリアに留学、現地のクラブチーム所属

関連記事