【動画】誰にでも存在するもう1人の自分

何やってもいいよと言われたら何をしたいですか。
制約なく自分のやりたいことについて考える機会は日頃どれだけあるのでしょうか。
幼いころは「将来の夢」というように無制限に自分の未来を考えるもの。
でも、大人になるにつれいつの間にか「夢は幻想に過ぎない」と思うようになってしまう。

何かやりたいと思ってもなかなか始められない自分。
「明日こそ」「今年こそ」「来年こそ」と繰り返すにつれ、
そんな自分に嫌気をさす。
「自分はどうせ出来ないダメな人間なんだ」
「結局自分はやりたいと思っていないんだ」と思い込んでしまう。
そんな時ってないですか。

部活でいうとどうでしょう。
明日こそチームに提案してみよう思っていたけれど、「そんなに大したことではないかもしれない」とやめてみたり、
明日こそコーチに聞いてみようと思っていたけど、聞けずじまいだったり。

仕事でいうとやると決めたことが出来ていなかったり、継続出来ていなかったり。
運動すると決めたのにまた週末に出来ていない自分がいたり。

自分のコミットメントが足りないと言われればそうなのかもしれない。
でも動けないでいるのには理由があるのです。
それはもう一人の自分の存在。
誰のなかにでもいるもう一人の自分、ご存知でしたか。

今回は「なかなか進められない罠」をテーマにもう一人の自分について触れています。
皆さんのもう一人の自分はなんて今言っているのでしょう。
是非聞かせてくださいね。

KEIKO

関連記事

  1. 【こぶ平コラム】ラクロスが日本でスポーツとして認められる為に|その1:スポーツ協会って何?

  2. 強いチームになるために、まず最初にすべきこと

  3. 初心者でもラクロスが面白く観れる!女子ラクロスのルール5つのポイント

  4. 【ラクロッサー必見】スパイクの選び方と手入れ方法

  5. 大学時代、部活で濃く過ごしたあなたへ

  6. 【ラクロスチームの広報&SNS担当者必見】SNS使いこなし術ポイント5選

  7. 【種目編】ラクロスとはどんなスポーツか?〜新たな発見があるかも!?〜

  8. 【大学訪問記・ブログ】岡山大学・女子ラクロスに訪問してきました。

  9. 【ラクロスルール】 ラクロス審判試験のオススメ勉強法

  10. 【こぶ平コラム】女子ラクロスのルール変化がもたらすU-19世界選手権への影響

  11. 【ラクロッサー×青年海外協力隊】広松七苗さん|ボリビア

  12. 【ラクロッサーってどんな人?】特徴その1:超早起き