• HOME
  • 詳細
  • ラクロスその後
  • 【サクラセブンズ白子未祐選手応援企画】白子未祐選手をラグビーに導いた 野澤武史さんに聞いた白子選手の魅力!

【サクラセブンズ白子未祐選手応援企画】白子未祐選手をラグビーに導いた 野澤武史さんに聞いた白子選手の魅力!

2019年2月まで関東地区の社会人クラブチームのMISTRALに所属してラクロスをしていた白子未祐選手。
なぜラクロスからラグビーへの転向があったのか…それは今回コメントをいただいた 野澤武史さん が白子選手に声をかけたことがきっかけでした。

今回は 野澤武史さんに 白子未祐選手のラガーマンとしての魅力 を伺ってみました。

これで白子選手の凄さがみなさんもわかるはず!

ー 野澤武史さんがみる白子未祐選手のラガーマンとして魅力とは?

たまたま見に行った慶應の試合で白子さんのプレーを見て衝撃を受けました。サイズ、突破力、決定力が図抜けていました。しかも聞くと高校、大学でコーチをしていた 白子雄太郎君* の妹だというではありませんか。以前から当時女子セブンズヘッドコーチをされていた岩渕さんに「Xファクター(他の選手が持っていない特別な能力を有する選手)となり得る選手がいれば情報が欲しい」と言われていましたので、即座に連絡を入れ、未祐さんにも競技転向の提案をしました。

*白子雄太郎選手 @yutaro_shirako
白子未祐選手の兄で現在は清水建設江東ブルーシャークス所属

予想通り驚異的な成長を見せてくれましたが、途中怪我などもあり東京2020でのメンバー入りは厳しいかなと感じたときもありましたが、1年の延期期間が未祐さんの追い風となりました。ヘッドコーチが変わったのも大きな転機だったでしょう。
7人制ラグビーではキックオフ(試合のリスタート)でのボール獲得が大変大きな意味を持ちます。おおよそ両チームに与えられたアタック機会は14分間で10回と言われています。その一回を奪い取り自チームのアタックの起点にすることができるからです。未祐さんは持ち前の瞬発力と卓越した技術で、このキックオフのスペシャリストになりました。ぜひ、今までの努力をすべて出し切り、大舞台を存分に楽しんでほしいと思います。日本を決勝ラウンドに導いてほしい、そして親心に似たものかもしれませんが、どうか怪我なく無事に大会を終えてくれたらと願っています。

サクラセブンズの初戦は明日29日10時半!
ラクロス界一丸となって応援しましょう!

サクラセブンズの試合情報

■女子日本代表のプール戦 (プールC) スケジュール

試合日時対戦相手
7月29日(木) 10:30オーストラリア
7月29日(木) 18:00アメリカ
7月30日(金) 10:00中国

関連記事