【WORLD CROSSE 2019】米プロラクロスリーグのPLLの選手と日本選抜選手が対戦|得点者一覧

11月16日(土)に浦安市陸上競技場にてWORLD ROSSE 2019が開催されました!

午前中は女子の試合で、午後からは男子ラクロスの試合が開催され、PLLという今年アメリカでスタートしたプロラクロスリーグのPremier Lacrosse League(PLL)チームと日本からは有志で集まったメンバーから選抜された選手が集まったチーム(Team Crosse Crosse)が対戦しました。
試合はPLLルールで開催がされ、試合は18-5でTeam PLLが勝利を収めました。
試合後はエキシビジョンマッチとしてオリンピックスタイルルールでの試合が開催されました。オリンピックスタイルでのラクロスはサッカーでいるフットサルの様なイメージになるかと思いきや、実際の試合はバスケットボールの様なスピード感のある試合となり、小さいコートの中でスピード感のあるプレーが満載で、点の取り合いになる面白い試合となりました。

世界最高峰のラクロスリーグで活躍をしている選手陣のプレーを日本で観戦できたことが本当に貴重な機会で、日本のラクロスプレーヤーたちのテンションが上がった最高の試合となりました!


▶︎TEAM PLL得点者
#22 4得点 JOJO MARASCO選手(POS:MF、所属:Redwoods、出身:Syracuse)
#22 3得点 RYAN DRENNER選手(POS:AT、所属:Whipsnakes、出身:Towson)
#81 2得点 KYLE HARTZELL選手(POS:DF、所属:Atlas、出身:Salisbury)
#15 2得点 MYLES JONES選手(POS:MF、所属:Chaos、出身:Duke)
#77 2得点 Troy Reh選手(POS:DF、所属:CHAOS、出身:Albany)
#3 2得点 DANIEL EIPP選手(POS:MF、所属:ARCHERS、出身:HARVARD)
#5 2得点 JOSEPH LOCASCIO選手(POS:MF、所属:Whipsnakes、出身:Maryland)
#1 1得点 Romar Dennis選手(POS:MF、所属:Chrome、出身:Loyola)

▶︎TEAM CROSSE CROSSE得点者
#13 1得点 森松 達選手(POS:MF、所属:STEALERS、出身:早稲田大学)
#6 1得点
#18 1得点 夏目聖矢選手(POS:STEALERS、MF、所属:FALCONS、出身:日本体育大学)
#7 1得点 金谷 洸希選手(POS:MF、所属:FALCONS、出身:千葉大学)
#14 1得点 小笠原 圭選手(POS:AT、所属:ADVANCE-HANGLOOSE、出身:慶應義塾大学)

PLLルールの特徴

①試合時間は12分クオーター(12分×4)
②52秒のショットクロック
オフェンスチームがボールを持ってから52秒以内に枠内にシュートを打たないとディフェンスボールになる
③ゴールから約14mにあるラインから外側でシュートを打つと得点が2点となる。それ以外は1点。

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事